清田 祐三(Yuzo Kiyota)

清田 祐三(Yuzo Kiyota)(フラッシュ赤羽)
 
 

本名:清田 祐三
生年月日:1983年10月6日
国籍:日本
戦績:35戦29勝(27KO)5敗1分
 
 

【獲得タイトル】
2003年度全日本ミドル級新人王
OPBF東洋太平洋スーパーミドル級暫定王座
第15代OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座
第16代OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座
 
 

【戦歴】
2002/11/21 ○3RTKO 島田 健志(チャイナクイック渡辺)
2003/03/14 ○4RKO 山下 直紀(宮田)
2003/06/23 ○1RKO 飯田 智博(協栄札幌赤坂)
2003/09/26 ○1RKO 奈良 好晃(角海老宝石)
2003/11/02 ○2RKO 木村 文人(新日本木村)

■2003年度全日本ミドル級新人王決定戦
2003/12/21 ○6R判定 3-0(58-57、58-57、58-57) 江口 啓二(姫路木下)
※全日本新人王獲得

2004/03/09 ○8R判定 3-0(79-77、79-77、78-76) 小松 学(ワタナベ)
2004/07/13 ○3RTKO 真木 和雄(倉敷守安)
2004/11/09 ○4RKO 鮎沢 雅夫(新日本カスガ)
2005/03/25 ○4RTKO スットタノン・シッティチャイ(インドネシア)
2005/07/07 ●8R判定 0-2(75-78、76-78、77-77) 氏家 福太郎(新日本木村)
2006/03/07 △8R判定 1-1(75-77、78-76、77-77) 保住 直孝(ヨネクラ)
2006/07/18 ○3RKO ルクトン・トーピアンロムポン(タイ)
2006/09/27 ○7RTKO ウン・ジョンシク(韓)
2006/12/07 ●8R判定 0-3(73-77、74-76、74-76) 鈴木 典史(ピストン堀口)
2007/09/02 ○2RKO チャクチャナ・スーンギラノーイナイ(タイ)
2007/12/21 ○2RKO 森広 和義(広島三栄)

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級暫定王座決定戦
2008/04/26 ○7R棄権 ズルフィカル・ジョイ・アリ(フィジー)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級暫定王座獲得

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座統一戦
2008/10/13 ○2RTKO ウェイン・パーカーJr(豪)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座獲得・防衛①

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2009/04/13 ○2RTKO イ・ジェミョン(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2009/10/12 ○3RTKO リアント・シマモラ(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛③

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2010/03/16 ○8RTKO レス・パイパー(豪)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛④

■OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王座決定戦
2010/10/11 ●1RTKO ジェームソン・ボスティック(ニュージーランド)
※OPBF東洋太平洋ライトヘビー級王座挑戦

2011/04/11 ○5RTKO ヤシール・シアジアン(インドネシア)
2011/10/14 ○2RKO ラフマン・アンボダル(インドネシア)

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2012/03/22 ○7R棄権 松本 晋太郎(ヨネクラ)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛⑤

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2012/10/06 ○6RTKO 三浦 広光(帝拳)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛⑥(のちに返上)

■WBO世界スーパーミドル級タイトルマッチ
2013/07/13 ●10RTKO ロベルト・ステイグリッツ(独)
※WBO世界スーパーミドル級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座決定戦
2013/12/10 ○4RTKO 松本 晋太郎(ヨネクラ)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座獲得

2014/04/05 ○5RTKO ビクトル・マヌエル・パラシオス(メキシコ)
2014/07/11 ○4R棄権 ヒーロー・カティリ(インドネシア)

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2014/12/09 ○5RKO アブハイ・チャンド(フィジー)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2015/07/07 ○10RTKO カジョンサック・シッサイトーン(タイ)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2015/12/11 ○5RTKO マイケル・スピード・シガラキ(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座防衛③

■OPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチ
2016/04/12 ●9R負傷判定 0-3(84-88、85-87、85-86) 松本 晋太郎(ヨネクラ)
※OPBF東洋太平洋スーパーミドル級王座陥落
 
 

【補足情報】
・北海道釧路市出身。
・ロベルト・ステイグリッツ戦はいったんは負傷判定とされたが、のちに傷がヒッティングに
 よるものと判明し、記録上TKOに変更されている。
・2013年3月21日にはOPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチとして
 アーネル・ティナンパイ(比)と対戦する予定だったが、清田の体調不良により中止されている。
・ヒーロー・カティリ戦はもともとはOPBF東洋太平洋スーパーミドル級タイトルマッチの予定だったが
 対戦相手の都合がつかず、ノンタイトル戦に変更して代役のカティリと対戦した。
・引退後は「BOXING CLUB 新橋ステーション」でトレーナーを務めている。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-き-に戻る
索引-Y-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました