羽草 勉(Tsutomu Hagusa)

羽草 勉(Tsutomu Hagusa)(北九州)
 
 

本名:不明
生年:1952年9月10日
国籍:日本
戦績:31戦15勝(6KO)15敗1分
 
 

【獲得タイトル】
1970年度全日本ウェルター級新人王
第8代OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級王座
 
 

【戦歴】
1969/11/12 ○1RKO 高木 勝(東海)
1969/12/21 ○4R判定 (採点不明) 秋田 寛治(塚原)
1970/04/22 ●4RKO 高畠 春二(中外)
1970/06/15 ○4R判定 (採点不明) サベロン 砂守(神林)
1970/09/16 ○2RKO 佐藤 孝一(高橋)
1970/12/07 ○2RKO 中野 広文(中外)
1970/12/23 ○6R判定 (採点不明) 郷 忠太(カワムラ)

■1970年度全日本ウェルター級新人王決定戦
1971/02/07 ○6R判定 (採点不明) 中川 仁士(帝拳宇都宮)
※全日本新人王獲得

1971/04/19 ○6R判定 (採点不明) 中嶋 宏憲(大阪新和)
1971/06/01 ●6R判定 (採点不明) 谷口 民義(神戸)
1971/09/25 ●3RKO 富永 英男(大星)
1972/03/27 ○6R判定 (採点不明) 花田 光雄(親和)
1972/04/27 ●2RKO 西真田 栄一(親和)
1975/04/01 ●4RKO 白鳥 和徳(中日)
1975/06/07 ○1RKO 布木 貴(福岡中央)
1975/08/30 ●6RKO 肥後 三四郎(熊本)
1976/05/25 ○8RKO 肥後 三四郎(熊本)
1976/07/24 ●2RKO チュ・ホ(韓)
1976/08/21 ●6RKO 甲斐 澄男(三迫)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級タイトルマッチ
1976/11/20 ○12R判定 (56-54、58-57、58-55) イム・ジェグン(韓)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級王座獲得

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級タイトルマッチ
1977/05/14 ○12R判定 (58-55、59-56、58-53) アルマンド・ボニキット(比)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級王座防衛①

1977/06/27 ○10R判定 2-1(50-46、49-47、47-48) 金沢 英雄(神林)

■OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級タイトルマッチ
1977/11/22 ●5RKO チュ・ホ(韓)
※OBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級王座陥落

1978/03/16 ●3RTKO アユブ・カルレ(ウガンダ)

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
1978/07/20 △12R判定 (採点不明) チュ・ホ(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級タイトルマッチ
1978/10/14 ●5RKO イム・ジェグン(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーウェルター級王座挑戦

1978/11/23 ●6RKO 三原 正(三迫)
1979/03/19 ●7RKO カシアス 内藤(金子)
1979/05/19 ○6RKO 沢田 勝博(熊本)
1979/12/20 ●2RKO シーザー 佐々木(JRJ国際)
1980/04/07 ●3RKO ファン・チュンジェ(韓)
 
 

 
 
 

【補足情報】
・鹿児島県鹿屋市上高隅町が本籍地、福岡県飯塚市で生まれ、
 鹿児島県真幸町(現:えびの市)で育つ。中1で母を、中3で父を亡くす。中卒後大阪へ。
・西真田戦に敗れ、自信を無くし3年のブランクを作る。
・新進ジムよりプロデビュー、布木 貴戦から北九州ジムへ移籍した。
・イム・ジェグンからOBF東洋(OPBF東洋太平洋前身)スーパーウェルター級タイトルを奪った試合は
 大番狂わせと言われた。九州のジムが生んだ初のチャンピオンとなっている。
・BoxRecでは沢田 勝博戦は5RKOとなっているが、実際には6RKO。
 
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-は-に戻る
索引-T-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました