デメトリアス・アンドラーデ(Demetrius Andrade)

デメトリアス・アンドラーデ(Demetrius Andrade)(米)

 

本名:デメトリアス・セザー・アンドラーデ
生年月日:1988年2月26日
国籍:米
戦績:31戦31勝(19KO)

 

【獲得タイトル】
2000年度ナショナルシルバーグローブフライ級優勝(アマチュア)
2001年度ナショナルシルバーグローブフライ級優勝(アマチュア)
2005年度全米選手権ウェルター級優勝(アマチュア)
2006年度全米選手権ウェルター級優勝(アマチュア)
2006年度ナショナルゴールデングローブウェルター級優勝(アマチュア)
2007年度ナショナルゴールデングローブウェルター級優勝(アマチュア)
2007年度世界ボクシング選手権ウェルター級優勝(アマチュア)
WBOインターナショナルスーパーウェルター級王座
第10代WBO世界スーパーウェルター級王座
第48代WBA世界スーパーウェルター級王座
第25代WBO世界ミドル級王座

 

【戦歴】
2008/10/23 ○2RTKO パトリック・ケープ(米)
2008/11/29 ○4RTKO エリック・マリオット(米)
2009/03/06 ○1RTKO トム・ジョセフ(米)
2009/03/20 ○2RKO アルヌルフォ・ハビエル・ロメロ(メキシコ)
2009/06/19 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) トニー・ハーシュ(米)
2009/08/01 ○2RKO チャド・グリーンリーフ(米)
2009/09/04 ○6RTKO ジョン・ウィリアムズ(米)
2009/10/03 ○6R判定 3-0(60-5、60-54、59-55) クリス・チャットマン(米)
2010/01/15 ○1RKO ベルナルド・ゲレカ(米)
2010/04/02 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) ジェフリー・スプルイエル(米)
2010/09/15 ○2RKO デイブ・サンダース(米)
2011/01/07 ○8R判定 3-0(79-73、80-72、80-72) アルベルト・エレーラ(米)
2011/04/22 ○2RKO オマールベル(ジャマイカ)
2011/08/19 ○10R判定 3-0(98-92、99-91、99-91) グレイディ・ブリューワー(米)
2011/09/21 ○3R棄権 サウル・デュラン(メキシコ)
2012/02/10 ○2RTKO アンヘル・エルナンデス(メキシコ)
2012/05/05 ○1RKO ルディ・シスネロス(米)
2012/09/20 ○2RTKO アレクシス・ホロス(米)
2013/01/25 ○10R判定 3-0(100-89、100-89、100-89) フレディ・エルナンデス(メキシコ)

■WBO世界スーパーウェルター級王座決定戦
2013/11/09 ○12R判定 2-1(114-113、117-110、112-115) バネス・マーティロスヤン(アルメニア)
※WBO世界スーパーウェルター級王座獲得

■WBO世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2014/06/14 ○7RTKO ブライアン・ローズ(英)
※WBO世界スーパーウェルター級王座防衛①(のちに剥奪)

■WBOインターナショナルスーパーウェルター級王座決定戦
2015/10/17 ○2RTKO ダリオ・ファビアン・プチェタ(亜)
※WBOインターナショナルスーパーウェルター級王座獲得

2016/06/11 ○12RTKO ウィリー・ネルソン(米)

■WBA世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2017/03/11 ○12R判定 2-1(114-115、116-112、116-112) ジャック・クルカイ(独)
※WBA世界スーパーウェルター級王座獲得(のちに返上)

2017/10/21 ○12R判定 3-0(116-111、118-110、118-109) アランテス・フォックス(米)

■WBO世界ミドル級王座決定戦
2018/10/20 ○12R判定 3-0(119-105、120-104、120-104) ウォルター・カウトンドクワ(ナミビア)
※WBO世界ミドル級王座獲得

■WBO世界ミドル級タイトルマッチ
2019/01/18 ○12RTKO アルツール・アカボフ(ロシア)
※WBO世界ミドル級王座防衛①

■WBO世界ミドル級タイトルマッチ
2019/06/29 ○12R判定 3-0(120-107、120-107、120-107) マチエ・スレツキ(ポーランド)
※WBO世界ミドル級王座防衛②

■WBO世界ミドル級タイトルマッチ
2020/01/30 ○9RTKO ルーク・キーラー(アイルランド)
※WBO世界ミドル級王座防衛③

■WBO世界ミドル級タイトルマッチ
2021/04/17 ○12R判定 3-0(116-111、118-109、118-109) リアム・ウィリアムズ(英)
※WBO世界ミドル級王座防衛④

■WBO世界ミドル級タイトルマッチ
2021/11/19 ○2RTKO ジェイソン・クイグリー(アイルランド)
※WBO世界ミドル級王座防衛⑤(のちに返上)

 

【補足情報】
・米-ロードアイランド州プロビデンス出身。同地を拠点に活動。
・北京五輪3回戦敗退。
・WBO世界スーパーウェルター級王座の剥奪は、対戦交渉が長引き不活動に陥ったことに
 よるもの。
・WBO世界ミドル級王座決定戦として行われたウォルター・カウトンドクワ戦は、
 当初正規王者だったビリー・ジョー・サンダース(英)に挑戦する予定だったが、
 サンダースから禁止薬物が検出され、試合が中止。サンダースが王座を返上したことから
 王座決定戦として、カウトンドクワとの王座決定戦がセットされた。 
・日本語表記ではディミトリアス・アンドラーデ、デミトリアス・アンドレイド等と
 表記することもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-て-に戻る
索引-D-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました