デイジー・ラング(Daisy Lang)

デイジー・ラング(Daisy Lang)(ブルガリア)

 

本名:デシスラバ・キーロバ
生年月日:1972年4月4日
国籍:ブルガリア
戦績:23戦19勝(7KO)3敗1分

 

【獲得タイトル】
WIBF欧州バンタム級王座
GBU世界女子バンタム級王座
GBU世界女子スーパーバンタム級王座
第3代WIBF世界女子スーパーフライ級王座
第4代WIBF世界女子バンタム級王座
第5代WIBF世界女子スーパーバンタム級王座

 

【戦歴】
1996/02/27 ○3RKO ダリナ・チャコラエバ(ロシア)
1996/07/06 ○6R判定 (採点不明) ナタリー・マイス(独)
1996/08/29 ○3RKO ブレスダ・モボトナ(独)
1997/11/29 ●6R判定 (採点不明) ミケーレ・アボロ(英)
1998/02/14 ○4RKO バレリー・ランハード(仏)

■WIBF欧州バンタム級王座決定戦
1998/10/03 ○10R判定 3-0(99-88、99-91、100-88) クリスティーナ・ホルバイ(ハンガリー)
※WIBF欧州バンタム級王座獲得

1999/01/30 ○2RKO サンドラ・ポデンス(ポルトガル)

■WIBF欧州バンタム級タイトルマッチ
1999/03/27 ○10R判定 3-0(96-94、98-94、97-93) アナスタシア・トクタロバ(ロシア)
※WIBF欧州バンタム級王座防衛①(のちに返上)

■WIBF世界女子スーパーフライ級王座決定戦
1999/07/17 ○8RKO ギゼラ・パップ(ハンガリー)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座獲得

■WIBF世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
1999/10/23 ○10R判定 3-0(採点不明) ソニア・ペレイラ(ポルトガル)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座防衛①

■WIBF世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2000/02/05 ○10R判定 3-0(採点不明) キャシー・ウィリアムズ(カナダ)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座防衛②

■WIBF世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2000/05/13 ○3RTKO オアナ・ユーマ(ルーマニア)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座防衛③

■WIBF世界女子スーパーフライ級王座決定戦
2000/10/14 ○10R判定 3-0(96-94、100-91、100-91) ブレンダ・バーンサイド(米)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座防衛④

■WIBF世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2001/01/27 ○10R判定 3-0(採点不明) ナディア・デブラス(仏)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座防衛⑤

■WIBF世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2001/09/29 ○7R負傷判定 (採点不明) ミシェル・サトクリフ(英)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座防衛⑥

■WIBF世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2002/04/06 ○10R判定 3-0(99-91、99-91、99-91) レカ・クレンプ(ハンガリー)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座防衛⑦(のちに返上)

■GBU世界/WIBF世界女子バンタム級王座決定戦
2002/09/14 ○10R判定 3-0(採点不明) リサ・フォスター(米)
※GBU世界女子バンタム級王座獲得(のちに返上)
※WIBF世界女子バンタム級王座獲得(のちに返上)

■GBU世界/WIBF世界女子スーパーバンタム級王座決定戦
2003/01/18 △10R判定 1-1(95-95、96-94、93-97) シルケ・バイケンマイヤー(独)
※GBU世界女子スーパーバンタム級王座挑戦
※WIBF世界女子スーパーバンタム級王座挑戦

■GBU世界/WIBF世界女子スーパーバンタム級王座決定戦
2003/05/10 ○10R判定 2-0(96-94、96-94、95-95) シルケ・バイケンマイヤー(独)
※GBU世界女子スーパーバンタム級王座獲得(のちに返上)
※WIBF世界女子スーパーバンタム級王座獲得(のちに返上)

■WIBF世界女子スーパーフライ級王座決定戦
2003/11/15 ●10R判定 0-3(94-96、91-99、93-97) ガリーナ・コレバ・イワノワ(ブルガリア)
※WIBF世界女子スーパーフライ級王座挑戦

2004/03/02 ○8R判定 (採点不明) マリアン・パンプク(ハンガリー)

■IWBF世界女子スーパーフライ級王座決定戦
2004/05/29 ●10R判定 0-3(94-96、93-97、94-96) レジーナ・ハルミッヒ(独)
※IWBF世界女子スーパーフライ級王座挑戦

2004/10/16 ○4RTKO シモーネ・スーチュ(ルーマニア)

 

【補足情報】
・ブルガリア-ソフィア出身。
・テコンドー、空手、キックボクシングで世界王者となったあと、ボクシング転向。
・ブルガリア人女子ボクサーとして初の世界王者となった。
・2016年米国武道殿堂からの生涯功績賞を受賞。
・BoxRecではオアナ・ユーマからWIBF世界女子スーパーフライ級王座を防衛した同日、
 レジーナ・ハルミッヒが同王座を獲得したことになっているが、詳細は不明。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-て-に戻る
索引-D-に戻る

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました