加納 陸(Riku Kano)

加納 陸(Riku Kano)(大成)

 

本名:加納 陸
生年月日:1997年11月16日
国籍:日本
戦績:23戦18勝(9KO)4敗1分

 

【獲得タイトル】
WBCライトフライ級ユース王座
WBAアジアミニマム級王座
OPBF東洋太平洋ミニマム級暫定王座
WBOアジア太平洋ライトフライ級王座

 

【戦歴】
2013/12/07 ●4R判定 1-2(38-37、36-39、36-39) ベンジー・バルトロメ(比)
2014/03/22 ○4R判定 3-0(39-37、40-36、39-37) ロニー・レジノ(比)
2014/05/10 △4R判定 (37-39、38-38、38-38) ビセンテ・モンテシーノ(比)
2014/07/10 ○3RKO ペッチブーン・シットサイトーン(タイ)
2014/09/12 ○6RKO サカドペッチ・ソーカニツォーン(タイ)
2014/11/14 ○5RKO ウィッタヤ・シットサイトーン(タイ)

■WBAアジアミニマム級王座決定戦
2014/12/09 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) マディット・サダ(インドネシア)
※WBAアジアミニマム級王座獲得

2015/06/07 ○3RKO マリホット・フタジュル(インドネシア)
2015/09/27 ○6R判定 3-0(60-56、59-55、59-56) 松井 謙太(三河)
2015/12/27 ○8R判定 3-0(80-73、80-75、79-75) ピグミー・ゴーキャットジム(タイ)
2016/02/26 ○1RKO チャイチャナ・ポポラオス(タイ)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級暫定王座決定戦
2016/05/08 ○12R判定 2-1(117-111、117-111、113-115) メルリト・サビーリョ(比)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級暫定王座獲得(のちに返上)

■WBO世界ミニマム級王座決定戦
2016/08/20 ●6R負傷判定 0-3(56-59、56-58、55-59) 高山 勝成(仲里)
※WBO世界ミニマム級王座挑戦

2016/12/11 ○3RTKO トードギャッド・ウィーラチョン(タイ)

■WBOアジア太平洋ミニマム級王座決定戦
2017/05/05 ●6RKO ジェリー・トモグダン(比)
※WBOアジア太平洋ミニマム級王座挑戦

2017/11/05 ○8R判定 3-0(79-74、78-75、76-76) 春口 直也(橋口)
2018/04/29 ○1RKO キッティサク・カームロン(タイ)

■日本ミニマム級タイトルマッチ
2018/08/24 ●8RTKO 小野 心(ワタナベ)
※日本ミニマム級王座挑戦

2018/12/02 ○8R判定 3-0(79-74、79-73、80-74) 寺次 孝有希(ミサイル工藤)

■WBCライトフライ級ユース王座決定戦
2019/05/26 ○8RTKO メクティソン・マルガンティ(インドネシア)
※WBCライトフライ級ユース王座獲得

2019/11/17 ○8R判定 2-0(76-76、78-74、77-76) 見村 徹弥(千里馬神戸)

■WBOアジア太平洋ライトフライ級王座決定戦
2020/11/23 ○12R判定 2-1(116-111、113-114、114-113) 平井 亮輝(千里馬神戸)
※WBOアジア太平洋ライトフライ級王座獲得

■WBOアジア太平洋ライトフライ級タイトルマッチ
2021/07/23 ○9RTKO 榮 拓海(折尾)
※WBOアジア太平洋ライトフライ級王座防衛①

 

【補足情報】
・兵庫県川西市出身。
・幼稚園から空手、小4でボクシングを開始。
・中学卒業後海外武者修行を敢行し、マリホット・フタジュル戦で国内デビュー。
・姉の加納 葉月はグラビアアイドル。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-か-に戻る
索引-R-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました