マイケル・コンラン(Michael Conlan)

マイケル・コンラン(Michael Conlan)(アイルランド)

 

本名:マイケル・ジョン・コンラン
生年月日:1991年11月19日
国籍:アイルランド
戦績:16戦16勝(8KO)

 

【獲得タイトル】
2014年度コモンウェルスゲームスバンタム級優勝(アマチュア)
2015年度欧州選手権バンタム級優勝(アマチュア)
2015年度世界選手権バンタム級優勝(アマチュア)
WBOインターナショナルスーパーバンタム級王座
WBA世界フェザー級暫定王座

 

【戦歴】
2017/03/17 ○3RTKO ティム・イバラ(米)
2017/05/26 ○3RTKO ホセ・アルフレド・フローレス・チャネス(メキシコ)
2017/07/02 ○3RTKO ジャレット・オーウェン(豪)
2017/09/22 ○2RTKO ケニー・グズマン(米)
2017/12/09 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) ルイス・フェルナンド・モリナ(亜)
2018/03/17 ○2RTKO デビッド・ベルナ(ハンガリー)
2018/05/12 ○8R判定 3-0(80-72、80-72、80-72) イボン・ラリナガ(スペイン)
2018/06/30 ○8R判定 (79-73) アデイルソン・ドス・サントス(ブラジル)
2018/10/20 ○7RTKO ニコラ・シポレッタ(伊)

■WBOインターコンチネンタルフェザー級王座決定戦
2018/12/22 ○10R判定 3-0(97-92、98-92、97-92) ジェイソン・カニンガム(英)
※WBOインターコンチネンタルフェザー級王座獲得

■WBOインターコンチネンタルフェザー級タイトルマッチ
2019/03/17 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) ルベーン・ガルシア・エルナンデス(メキシコ)
※WBOインターコンチネンタルフェザー級王座防衛①

■WBAインターコンチネンタルフェザー級王座決定戦/WBOインターコンチネンタルフェザー級タイトルマッチ
2019/08/03 ○9RTKO ディエゴ・アルベルト・ルイス(亜)
※WBAインターコンチネンタルフェザー級王座獲得
※WBOインターコンチネンタルフェザー級王座防衛②

■WBOインターコンチネンタルフェザー級タイトルマッチ
2019/12/14 ○10R判定 3-0(100-90、98-92、99-91) ウラジミール・ニキチン(ロシア)
※WBOインターコンチネンタルフェザー級王座防衛③

2020/08/15 ○10RTKO ソフィアン・タコウシュ(仏)

■WBOインターナショナルスーパーバンタム級王座決定戦
2021/04/30 ○12R判定 2-0(115-114、117-112、114-114) イヌオット・バルツァ(ルーマニア)
※WBOインターナショナルスーパーバンタム級王座獲得

■WBA世界フェザー級暫定王座決定戦
2021/08/06 ○12R判定 3-0(116-111、116-111、119-108) TJ・ドヘニー(アイルランド)
※WBA世界フェザー級暫定王座獲得(のちに廃止)

 

【補足情報】
・英-ダブリン州ドリムナ出身。
・兄はコモンウェルス英連邦スーパーフライ級王者のジェイミー・コンラン(英)
・世界選手権優勝はアイルランド人男子としては初の快挙となり、
 RTEスポーツパーソンオブザイヤーを受賞している。ロンドン五輪フライ級銅メダリスト。
・リオ五輪出場、準々決勝でウラジミール・ニキチンに判定負けした際、判定に不服のコンランが
 中指を立てた姿が話題となった。
・ウラジミール・ニキチン戦は2019/08/02にセットされていたが、ニキチンの負傷により、
 当日は代役のディエゴ・アルベルト・ルイと対戦し、ニキチン戦は12/14に延期された。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-M-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました