ジーメル・マグラモ(Giemel Magramo)

ジーメル・マグラモ(Giemel Magramo)(比)

 

本名:ジーメル・アブアン・マグラモ
生年月日:1994年10月5日
国籍:比
戦績:27戦25勝(20KO)2敗

 

【獲得タイトル】
WBCインターナショナルフライ級王座
WBOインターナショナルフライ級王座
WBOオリエンタルフライ級王座
第46代OPBF東洋太平洋フライ級王座

 

【戦歴】
2012/03/25 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) アントニオ・メレンシオン(比)
2012/07/24 ○2RTKO フェル・モラレス(比)
2012/09/29 ○1RTKO ジュピター・ベニグ(比)
2012/11/10 ○3RTKO ジュンジエ・ラウザ(比)
2013/03/25 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、59-55) ルーベン・トラザ(比)
2013/06/22 ○6R判定 3-0(59-54、58-55、59-54) レスター・アブタン(比)
2013/10/26 ○2RTKO リッキー・オヤン(比)
2013/12/14 ○1RKO ロイ・アルバエラ(比)
2014/02/01 ○3RKO レイ・モラノ(比)
2014/05/24 ○3RKO ピット・アナカヤ(比)
2014/08/22 ○2R棄権 ジョベル・ロマササ(比)
2014/11/29 ○4R棄権 ルーサー・デル・カスティージョ(比)
2015/03/25 ○2RTKO ジェイアール・エスティリモス(比)
2015/09/12 ○4RTKO ロロイロ・ゴレス(比)

■WBCインターナショナルフライ級王座決定戦
2015/12/12 ○6RTKO ジェニー・ボーイ・ボカ(比)
※WBCインターナショナルフライ級王座獲得(のちに返上)

2016/03/29 ○4R棄権 ジョン・バジャワ(インドネシア)
2016/07/16 ○10R判定 3-0(98-92、97-93、97-93) レンツ・ロジア(比)

■WBCフライ級シルバータイトルマッチ
2016/11/27 ●12R判定 0-3(110-117、113-114、113-114) モハメド・ワシーム(パキスタン)
※WBCフライ級シルバー王座挑戦

2017/05/28 ○4RKO ジョン・レイ・ラウザ(比)
2017/10/15 ○3R棄権 ジョン・マーク・アポリナリオ(比)
2017/12/16 ○4RTKO ベネゼル・アロロド(比)

■WBOオリエンタルフライ級王座決定戦
2018/03/25 ○7R棄権 マイケル・ブラボー(比)
※WBOオリエンタルフライ級王座獲得

■WBOオリエンタルフライ級タイトルマッチ
2018/10/29 ○3RTKO ペッチチョーヘー・ゴーギャットジム(タイ)
※WBOオリエンタルフライ級王座防衛①

■WBOインターナショナル/WBOオリエンタルフライ級王座統一戦
2019/01/05 ○10R棄権 グェ・ウェンフォン(中)
※WBOインターナショナルフライ級王座獲得
※WBOオリエンタルフライ級王座防衛②

■IBF世界フライ級挑戦者決定戦
2019/09/07 ○3R棄権 リチャード・クラベラス(比)
※IBF世界フライ級挑戦権獲得

■WBO世界フライ級王座決定戦
2020/11/06 ●8RKO 中谷 潤人(M.T)
※WBO世界フライ級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋フライ級王座決定戦
2021/10/23 ○12R判定 3-0(115-113、118-110、119-109) ジェイアール・ラクィネル(比)
※OPBF東洋太平洋フライ級王座獲得

 

【補足情報】
・比-マニラ首都圏パラニャーケ市出身。
・一族にはリック・マグラモ(比)、メルビン・マグラモ(比)、ロニー・マグラモ(比)、
 リック・マグラモJr(比)、レナート・マグラモ(比)、アービン・マグラモ(比)らがおり、
 「スカルアンドボーンズファミリー」と呼ばれた。
・2017/12/09にはミーシャ・アロイヤン(ロシア)との対戦が予定されていたが、流れている。
・日本語表記ではギエメル・マグラモ、ギーメル・マグラモ、ギメル・マグラオ等と
 表記されることもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-G-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました