坂本 博之(Hiroyuki Sakamoto)

坂本 博之(Hiroyuki Sakamoto)(角海老宝石)

 

本名:坂本 博之
生年月日:1970年12月30日
国籍:日本
戦績:47戦39勝(29KO)7敗1分

 

【獲得タイトル】
1992年度全日本ライト級新人王
第44代日本ライト級王座
第30代OPBF東洋太平洋ライト級王座

 

【戦歴】
1991/12/14 ○1RKO 多賀 誠治(角海老宝石)
1992/05/18 ○3RKO 金城 貴治(協栄)
1992/06/17 ○3RKO 森 秀紀(花形)
1992/07/16 ○1RKO 足立 誠之助(山神)
1992/08/31 ○2RTKO 田中 宏治(協栄)
1992/11/05 ○1RKO 諸岡 正明(協栄)
1992/12/18 ○6R判定 (採点不明) 中山 弘至(ヨネクラ)

■1992年度全日本ライト級新人王決定戦
1993/02/20 ○6R判定 3-0(59-55、60-56、60-55) 安田 勉(グリーンツダ)
※全日本新人王獲得

1993/04/15 ○3RKO イ・ボンチュン(韓)
1993/06/05 ○1RKO シン・ドゥイル(韓)
1993/08/07 ○3RKO アラゴン・ヒルベルト(比)
1993/10/21 ○5RKO ロエル・アラルコン(比)

■日本ライト級タイトルマッチ
1993/12/13 ○9RTKO リック 吉村(石川)
※日本ライト級王座獲得

■日本ライト級タイトルマッチ
1994/02/05 ○3RTKO 安藤 有輝(角海老宝石)
※日本ライト級王座防衛①(のちに返上)

1994/05/07 ○10R判定 3-0(採点不明) アーニー・アレスナ(比)
1994/08/06 ○10RTKO 桑田 弘(進光)
1994/10/01 ○4RKO リチャード・アカイラ(比)
1995/01/07 ○10R判定 3-0(採点不明) キム・ジョンギル(韓)
1995/03/16 ○10R判定 3-0(採点不明) フェリックス・チューブ(比)
1995/05/06 ●10R判定 0-3(採点不明) フアン・マルティン・コッジ(亜)
1995/09/02 ○10R判定 3-0(採点不明) ノ・ジョンジン(韓)
1995/11/25 ○10R判定 2-0(採点不明) ジェフ・メイウェザー(米)

■OPBF東洋太平洋ライト級王座決定戦
1996/03/03 ○11RTKO ロジャー・ボリロス(比)
※OPBF東洋太平洋ライト級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
1996/06/01 ○12R判定 3-0(採点不明) ディンド・カノイ(比)
※OPBF東洋太平洋ライト級王座防衛①

1996/09/07 ○1RKO キム・ソンムン(韓)
1996/11/02 ○2RKO リッキー・ディアス(比)

■OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
1997/01/04 ○3RKO チュ・ジョンマン(韓)
※OPBF東洋太平洋ライト級王座防衛②(のちに返上)

1997/04/05 ○8RTKO エルウィン・ゴンザレス(比)

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1997/07/26 ●12R判定 1-2(111-119、111-117、115-113) スティーブ・ジョンストン(米)
※WBC世界ライト級王座挑戦

1997/11/22 ○10R判定 3-0(100-91、100-91、100-90) ノ・ジョンジン(韓)
1998/03/08 ○1RKO ジュン・モンデネード(比)
1998/05/09 ○1RKO ロベルト・ルイス(比)

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1998/08/23 ●12R判定 0-3(111-118、110-118、111-117) セサール・バサン(メキシコ)
※WBC世界ライト級王座挑戦

1999/01/09 ○3RTKO バート・バド(比)
1999/05/08 ○2RKO テオフロ・ツナカオ(比)
1999/06/27 ○7RKO ク・ウォンソ(韓)
1999/09/04 ○1RKO プラワスナ・サクマンクラエンタ(タイ)
2000/01/08 ○10R判定 3-0(100-93、100-93、100-91) クォン・ヒョクジン(韓)

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
2000/03/12 ●5RTKO ヒルベルト・セラノ(ベネズエラ)
※WBA世界ライト級王座挑戦

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
2000/10/11 ●10RKO 畑山 隆則(横浜光)
※WBA世界ライト級王座挑戦

2002/01/05 ○1RKO ムアンマイ・シスソバ(タイ)
2002/06/01 ○3RTKO ナンナーム・キャットプラサーンチャイ(タイ)

■OPBF東洋太平洋ライト級タイトルマッチ
2002/10/05 ●12RTKO 佐竹 政一(明石)
※OPBF東洋太平洋ライト級王座挑戦

2005/05/12 ●5RTKO 柏樹 宗(三津山)
2006/01/14 ○3RKO マンコントーン・ポンソムクワーム(タイ)
2006/06/22 ○1RKO サムロン・ウォルリラティン(タイ)
2007/01/06 △7R負傷判定 0-1(67-68、67-67、67-67) カノーンスック・シットジャープライ(タイ)

 

【補足情報】
・勝又ジムからプロデビュー。その後、角海老宝石ジムへ移籍。
・日本王座の初防衛戦で戦った安藤 有輝は、当時同門の勝又ジムの選手だったが、
 坂本への挑戦の為、角海老宝石ジムへ移籍しての挑戦となった。
・ヒルベルト・セラノ戦では初回に2度のダウンを奪うも、ヒッティングによるカットで
 5RTKO負けを喫した。
・畑山 隆則戦は平成の名勝負に挙げられ、この試合を見てボクシングを
 始めたトップボクサーも多い。
・佐竹 政一戦後には首と腰のヘルニアの為、長期のブランクを作った。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-さ-に戻る
索引-H-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました