畑山 隆則(Takanori Hatakeyama)

畑山 隆則(Takanori Hatakeyama)(横浜光)

 

本名:畑山 隆則
生年月日:1975年7月28日
国籍:日本
戦績:29戦24勝(19KO)2敗3分

 

【獲得タイトル】
1993年度全日本ライト級新人王
第28代OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座
第34代日本スーパーフェザー級王座
第19代WBA世界スーパーフェザー級王座
第29代WBA世界ライト級王座

 

【戦歴】
1993/06/17 ○1RKO 福村 和宏(京葉)
1993/08/04 ○1RKO 川田 斉志(国際)
1993/09/02 ○4RTKO 坂寄 友昭(宇都宮)
1993/10/04 ○4R判定 3-0(39-37、40-37、40-37) 上田 真也(ヨネクラ)
1993/11/04 ○4R判定 3-0(39-37、39-37、39-37) 市川 健二(ワタナベ)

■1993年度東日本ライト級新人王決勝
1993/12/18 ○1RKO 坂本 和則(角海老宝石)

■1993年度全日本ライト級新人王決定戦
1994/02/13 ○3RKO 小谷 繁(グリーンツダ)
※全日本新人王獲得

1994/06/20 ○3RKO ヤン・ヒチョル(韓)
1994/09/19 ○4RTKO 堀口 昌彰(ピストン堀口)
1994/11/21 ○3RKO ピョ・ヒョンヌ(韓)
1995/02/20 ○3RTKO ムン・ビョンス(韓)
1995/05/15 ○2RKO ジュン・マタナガス(比)
1995/07/17 ○2RKO パク・ジェウ(韓)
1995/10/16 ○6RTKO フラッシュ・ペナ(比)
1995/12/12 ○4RKO バート・ナバレス(比)

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座決定戦
1996/03/18 ○2RKO チェ・ジュンチル(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座獲得

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ
1996/06/19 ○12R判定 3-0(118-114、116-114、119-112) ルディ・カビレス(比)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座防衛①

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ
1996/09/21 ○9RKO オッキー・アビ・バクリン(インドネシア)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座防衛②

■OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級タイトルマッチ
1997/02/17 ○4RTKO ユ・ドンチョル(韓)
※OPBF東洋太平洋スーパーフェザー級王座防衛③(のちに返上)

1997/05/19 ○10R判定 3-0(99-94、100-91、100-93) ホルヘ・ルイス・ロペス(メキシコ)

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1997/10/05 △12R判定 1-1(114-116、114-114、116-114) チェ・ヨンス(韓)
※WBA世界スーパーフェザー級王座挑戦

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1998/03/29 ○9RTKO コウジ 有沢(草加有沢)
※日本スーパーフェザー級王座獲得(のちに返上)

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1998/09/05 ○12R判定 2-0(116-113、114-114、116-113) チェ・ヨンス(韓)
※WBA世界スーパーフェザー級王座獲得

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1999/02/13 △12R判定 1-1(114-111、113-116、113-113) サウル・デュラン(メキシコ)
※WBA世界スーパーフェザー級王座防衛①

■WBA世界スーパーフェザー級タイトルマッチ
1999/06/27 ●5RTKO ラクバ・シン(モンゴル)
※WBA世界スーパーフェザー級王座陥落

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
2000/06/11 ○8RTKO ヒルベルト・セラノ(ベネズエラ)
※WBA世界ライト級王座獲得

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
2000/10/11 ○10RKO 坂本 博之(角海老宝石)
※WBA世界ライト級王座防衛①

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
2001/02/17 △12R判定 1-1(116-111、112-115、114-114) リック 吉村(石川)
※WBA世界ライト級王座防衛②

■WBA世界ライト級タイトルマッチ
2001/07/01 ●12R判定 0-3(110-118、111-117、112-117) ジュリアン・ロルシー(仏)
※WBA世界ライト級王座陥落

 

【補足情報】
・青森県青森市出身。
・京浜川崎ジムよりプロデビュー。ジムの不祥事により横浜光ジムへ移籍。
・全日本新人王獲得時にはMVPを獲得している。
・コウジ 有沢との日本タイトルマッチは「史上最大の日本タイトルマッチ」と称された。
・ラクバ・シンへの敗北後、現役を引退するも、元世界王者の知名度が低いことを理由に
 現役復帰し、二階級制覇を果たすとともに、メディアへの露出も積極的に行った。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-は-に戻る
索引-T-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました