マイケル・スピンクス(Michael Spinks)

マイケル・スピンクス(Michael Spinks)(米)
 
 

本名:マイケル・スピンクス
生年月日:1956年7月13日
国籍:米
戦績:32戦31勝(21KO)1敗
 
 

【獲得タイトル】
モントリオール五輪ミドル級金メダル(アマチュア)
第13代WBA世界ライトヘビー級王座
第12代WBC世界ライトヘビー級王座
初代IBF世界ライトヘビー級王座
第2代IBF世界ヘビー級王座

 
 

【戦歴】
1977/04/16 ○1RTKO エディ・ベンソン(米)
1977/05/07 ○6R判定 3-0(採点不明) ルイス・ロドリゲス(プエルトリコ)
1977/06/01 ○2RKO ジョー・ボーデン(カナダ)
1977/08/23 ○2RTKO ジャスパーブ・リスベン(米)
1977/09/13 ○1RKO レイ・エルソン(米)
1977/10/22 ○8R判定 3-0(採点不明) ゲリー・サマーヘイズ(カナダ)
1978/02/15 ○8R判定 3-0(採点不明) トム・ベセア(米)
1978/12/15 ○4RKO エディ・フィリップス(米)
1979/11/24 ○1RTKO マルク・ハンス(米)
1980/02/01 ○8R判定 3-0(採点不明) ジョニー・ウィルバーン(米)
1980/02/24 ○6RTKO ラモン・ランケリョ(米)
1980/05/04 ○10R判定 3-0(7-2、7-3、9-1) マレイ・サザーランド(英)
1980/08/02 ○9RTKO デビッド・コンテー(英)
1980/10/18 ○7RTKO ヤキ・ロペス(メキシコ)
1981/01/24 ○8RTKO ウィリー・テイラー(米)
1981/03/28 ○4RKO マービン・ジョンソン(米)

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1981/07/18 ○15R判定 3-0(146-138、144-140、145-139) エディ・ムスタファ・ムハマド(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座獲得

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1981/11/07 ○7RTKO ボンゼル・ジョンソン(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛①

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1982/02/13 ○6RTKO ムスタファ・ワサジャ(ウガンダ)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛②

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1982/04/11 ○8RTKO マレイ・サザーランド(英)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛③

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1982/06/12 ○8RTKO ジェリー・セレスティン(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛④

■WBA世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1982/09/18 ○9RTKO ジョニー・デイビス(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛⑤

■WBA/WBC世界ライトヘビー級王座統一戦
1983/03/18 ○15R判定 3-0(144-141、144-141、144-140) ドワイト・ムハマド・カウイ(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛⑥
※WBC世界ライトヘビー級王座獲得

■WBA/WBC世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1983/11/25 ○10RTKO オスカル・リバデネイラ(ペルー)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛⑦
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛①

■WBA/WBC/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1984/02/25 ○12R判定 3-0(119-109、115-114、118-111) エディ・デイビス(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛⑧
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛②
※IBF世界ライトヘビー級王座防衛①

■WBA/WBC/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1985/02/23 ○3RTKO デビッド・シアーズ(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛⑨
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛③
※IBF世界ライトヘビー級王座防衛②

■WBA/WBC/IBF世界ライトヘビー級タイトルマッチ
1985/06/06 ○8RTKO ジム・マクドナルド(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座防衛⑩(のちに返上)
※WBC世界ライトヘビー級王座防衛④(のちに返上)
※IBF世界ライトヘビー級王座防衛③(のちに返上)

■IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
1985/09/21 ○15R判定 3-0(145-142、143-142、145-142) ラリー・ホームズ(米)
※IBF世界ヘビー級王座獲得

■IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
1986/04/19 ○15R判定 2-1(141-144、144-141、144-142) ラリー・ホームズ(米)
※IBF世界ヘビー級王座防衛①

■IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
1986/09/06 ○4RTKO ステファン・タングスタッド(ノルウェー)
※IBF世界ヘビー級王座防衛②(のちに返上)

1987/06/15 ○5RTKO ジェリー・クーニー(米)

■WBA/WBC/IBF世界ヘビー級タイトルマッチ
1988/06/27 ●1RKO マイク・タイソン(米)
※WBA世界ライトヘビー級王座挑戦
※WBC世界ライトヘビー級王座挑戦
※IBF世界ライトヘビー級王座挑戦
 
 

 

【補足情報】
・兄は元WBA・WBC統一世界ヘビー級王者のレオン・スピンクス(米)、甥のコーリー・スピンクス(米)
 ウェルターとスーパーウェルターを制した二階級制覇王者。
・1983年6月1日にIBF世界ライトヘビー級王者として認定されている。
・世界ライトヘビー級チャンピオンを経て世界ヘビー級チャンピオンとなった史上初のボクサー。
・「ヒストリーメイカー(歴史を作るもの)」と呼ばれた。
・「スピンクス・ジンクス」と称した右ストレートの強打が武器。
 
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-M-に戻る
 
 

ボクシング 選手名鑑 -戦績一覧- -戦歴一覧-

コメント

タイトルとURLをコピーしました