戸高 秀樹(Hideki Todaka)

戸高 秀樹(Hideki Todaka)(緑)
 
 

本名:戸高 秀樹
生年月日:1973年3月16日
国籍:日本
戦績:26戦21勝(10KO)4敗1分
 
 

【獲得タイトル】
第24代日本ライトフライ級王座
第11代WBA世界スーパーフライ級王座
WBA世界バンタム級暫定王座

 
 

【戦歴】
1994/06/05 ○2RTKO 高田 一太郎(福間S)
1994/07/15 ○4R判定 (採点不明) 森岡 大志(冷研鶴崎)
1994/07/31 ○1RKO 藤原 康二(グリーンツダ)
1994/09/17 ●4R判定 (採点不明) 重安 栄二(マサ伊藤)
1995/03/26 ○4RKO 村上 晃(福岡帝拳)
1995/04/16 ●6R判定 (採点不明) 重安 栄二(マサ伊藤)
1995/05/14 ○6R判定 (採点不明) 秋月 茂治(大分)
1995/09/30 ○3RKO 依田 昇三(緑)
1996/04/14 ○7RTKO 谷口 健二(本田フィットネス)

■日本ライトフライ級王座決定戦
1996/06/03 ○10R判定 3-0(98-94、98-94、97-94) 安藤 謙三(グリーンツダ)
※日本ライトフライ級王座獲得

■日本ライトフライ級タイトルマッチ
1996/09/16 ○10R判定 3-0(98-95、98-94、98-94) 村松 竜二(石川)
※日本ライトフライ級王座防衛①(のちに返上)

1997/04/20 ○10R判定 3-0(97-93、100-93、99-93) ジェリー・パパヤハイ(比)
1998/04/29 ○8R判定 3-0(79-77、80-75、80-72) 小林 宏(角海老宝石)
1998/07/26 ○10RTKO 延山 丈二(新日本大阪)
1998/10/31 ○7RTKO ウィリアム・アコイオング(比)
1998/12/23 ○10R判定 3-0(97-94、97-94、97-95) チャン・ヨンスン(韓)

■WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
1999/03/28 △4R負傷引分 ヘスス・ロハス(ベネズエラ)
※WBA世界スーパーフライ級王座獲得失敗

■WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
1999/07/31 ○12R判定 3-0(115-114、115-113、115-113) ヘスス・ロハス(ベネズエラ)
※WBA世界スーパーフライ級王座獲得

■WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
1999/11/07 ○12R判定 3-0(115-113、116-113、116-114) 名護 明彦(白井・具志堅S)
※WBA世界スーパーフライ級王座防衛①

■WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2000/04/23 ○11RTKO ヨックタイ・シスオー(タイ)
※WBA世界スーパーフライ級王座防衛②

■WBA世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2000/10/09 ●7RKO レオ・ガメス(ベネズエラ)
※WBA世界スーパーフライ級王座陥落

2002/03/02 ○3RKO カンチャット・キャットゲイジャ(タイ)
2002/08/11 ○4RKO セーンチャルン・ウォースラポン(タイ)
2002/11/30 ○10R判定 3-0(100-93、99-91、99-94) ローシュシャム・キャット・クリエンクライ(タイ)

■WBA世界バンタム級暫定王座決定戦
2003/10/04 ○12R判定 2-1(116-114、115-113、113-115) レオ・ガメス(ベネズエラ)
※WBA世界バンタム級暫定王座獲得

■WBA世界バンタム級暫定タイトルマッチ
2004/03/06 ●12R判定 1-2(111-117、112-116、116-115) フリオ・サラテ(メキシコ)
※WBA世界バンタム級暫定王座陥落
 
 

【補足情報】
・日本王座は拳の怪我を理由に返上。
・宮崎ワールドジムよりデビューし、小林 宏戦より緑ジムへ移籍。
・トレーナーはマック・クリハラ。
・サラテ戦は当初、正規王者ジョニー・ブレダル(デンマーク)との統一戦が予定されていたが、
 交渉が遅延したことから防衛戦を行うことになり、サラテと対戦した。
・サラテ戦後に引退。
 
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-と-に戻る
索引-H-に戻る
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました