ゲイリー・アントニオ・ラッセル(Gary Antonio Russell)

ゲイリー・アントニオ・ラッセル(Gary Antonio Russell)(米)
 


本名:ゲイリー・アントニオ・ラッセル
生年月日:1993年1月29日
国籍:米
戦績:18戦18勝(12KO)



【獲得タイトル】
なし
 


【戦歴】
2015/01/31 ○2RKO ハロルド・レイエス(プエルトリコ)
2015/05/23 ○1RTKO ブランドン・ガルビン(米)
2015/07/11 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) ジャクセル・マレーロ(プエルトリコ)
2015/09/12 ○2RKO マヌエル・ルバルカバ(メキシコ)
2015/10/30 ○3RTKO エドゥアルド・メレンデス(プエルトリコ)
2016/04/16 ○2RTKO アルベルト・セルナ(メキシコ)
2016/06/28 ○6R判定 3-0(59-55、60-54、59-55) ルドルフ・ヘッジ(ジャマイカ)
2017/05/20 ○3RTKO ジョバニー・フエンテス(プエルトリコ)
2017/09/19 ○3RKO クリスティアン・レンテリア(メキシコ)
2017/11/21 ○1RKO マルコ・アントニオ・メンドサ・チコ(メキシコ)
2018/05/19 ○5RTKO ホナタン・レコナ・ラモス(メキシコ)
2018/08/24 ○1RKO ニック・オティエノ(ケニヤ)
2019/03/02 ○6RTKO ホセ・マリア・カルデナス(メキシコ)
2019/05/18 ○6R負傷判定 3-0(60-54、59-55、60-54) サウル・エデュアルド・エルナンデス(メキシコ)
2019/07/13 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) フランシスコ・ペドロサ(メキシコ)
2019/11/02 ○1RTKO サムエル・グティエレス(メキシコ)
2020/02/08 ○6R反則 ヘスス・マルティネス(コロンビア)
2020/12/19 ○7R負傷判定 3-0(59-55、59-55、58-56) フアン・カルロス・パヤノ(ドミニカ共和国)

■WBA世界バンタム級暫定王座決定戦
2021/08/14 対戦予定 エマヌエル・ロドリゲス(プエルトリコ)
 


【補足情報】
・米-メリーランド州キャピトルハイツ出身。
・兄にはWBC世界世界フェザー級王者のゲイリー・ラッセルJr(米)がいる。
 


※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。


 
索引に戻る
索引-け-に戻る
索引-G-に戻る


 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました