ロッキー・リン(Rocky Lin)

ロッキー・リン(Rocky Lin)(ロッキー)
 
 

本名:林 明佳(リン・ミンチャ)
生年月日:1967年6月20日
国籍:台湾
戦績:28戦26勝(11KO)2敗
 
 
 

【獲得タイトル】
第7代日本ミニマム級王座
 
 

【戦歴】
1988/05/23 ○6R判定 3-0(59-57、60-55、60-55) 中富 久(オサム)
1988/08/01 ○2RKO 掛橋 秀和(木下)
1988/10/13 ○10R判定 3-0(100-95、100-97、99-96) 川名 祝数(SB日東)
1989/01/30 ○10R判定 3-0(100-90、100-89、100-91) ジュン・アルタレホス(比)
1989/07/06 ○10R判定 3-0(99-89、100-90、100-89) 大西 猛夫(金子)
1989/11/17 ○10R判定 3-0(100-94、100-92、100-96) 田中 徳昭(グリーンツダ)

■日本ミニマム級王座決定戦
1990/03/09 ○1RTKO 与儀 康夫(沖縄)
※日本ミニマム級王座獲得

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1990/07/06 ○10R判定 3-0(99-95、100-94、99-94) 千葉 テノリア(仙台)
※日本ミニマム級王座防衛①

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1990/10/14 ○3RKO 掛橋 秀和(木下)
※日本ミニマム級王座防衛②

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1991/02/09 ○10R判定 3-0(100-95、100-95、100-93) 小見山 カツミ(ハラダ)
※日本ミニマム級王座防衛③

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1991/05/18 ○10R判定 3-0(99-95、99-95、99-95) 細野 雄一(角海老宝石)
※日本ミニマム級王座防衛④

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1991/09/05 ○10R判定 3-0(98-94、99-93、100-94) チャーリト・デグノス(洛翠)
※日本ミニマム級王座防衛⑤

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1991/12/19 ○10R判定 3-0(100-92、100-93、99-96) 牧山 雅秀(オークラ)
※日本ミニマム級王座防衛⑥

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1992/04/04 ○10R判定 2-1(98-96、97-95、96-97) 玉城 信一(帝拳)
※日本ミニマム級王座防衛⑦(のちに返上)

■WBC世界ミニマム級タイトルマッチ
1992/10/11 ●2RKO リカルド・ロペス(メキシコ)
※WBC世界ミニマム級王座挑戦

1993/10/02 ○1RKO 森山 健(広島三栄)
1994/01/08 ○8RTKO ルビリアル 茨城(ワールド日立)
1994/05/19 ○3RKO ラファエル・トーレス(ドミニカ共和国)
1994/07/25 ○4RTKO エドウィン・タリタ(比)
1994/11/17 ○7RKO レオ・ラミレス(比)
1995/03/04 ○10R判定 3-0(99-93、99-94、100-94) テキサス・ゴメス(比)
1995/11/04 ○6RKO 佐々木 義明(東拳)
1996/03/02 ○10R判定 3-0(100-96、100-95、99-93) ジェリー・パハヤハイ(比)
1996/10/05 ○9RKO イ・チョルウ(韓)
1997/06/16 ○10R判定 3-0(100-94、100-93、99-95) 横山 啓介(国分寺サイトー)
1997/09/28 ○7RTKO ルディ・ギロス(比)
1998/03/07 ○10R判定 3-0(100-94、100-93、100-92) アルポン・ナバハ(比)

■WBC世界ミニマム級暫定王座決定戦
1998/08/23 ●12R判定 0-2(114-116、113-115、114-114) ワンディー・シンワンチャー(タイ)
※WBC世界ミニマム級暫定王座挑戦
 
 

 
 

【補足情報】
・台湾-彰化県出身。
・台湾出身者初のプロボクサーで初の世界挑戦者となった。
・アマチュア戦績:63戦58勝(30KO・RSC)5敗。キングスカップ銅メダルを獲得。
・スカウトにより来日し、ロッキージムよりデビュー。キャリア通じてロッキージム所属として戦った。
・引退後は台湾に戻り、後進の育成に力を注いでいる。
 
 


 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 
 

索引に戻る
索引-ろ-に戻る
索引-R-に戻る
 
 

コメント

  1. 中谷潤人に期待 より:

    台湾在住の方に調べてもらったのですが、帰国後指導者にはなったものの、ボクシングが盛んではない台湾では仕事が無かったそうです。
    しかし、その事が報じられ、それ以降指導者としての仕事が増えたそうです。

タイトルとURLをコピーしました