真野 功(Isao Mano)

真野 功(Isao Mano)(森岡)

 

本名:石川 功
生年月日:1966年9月23日
国籍:日本
戦績:16戦12勝(11KO)4敗

 

【獲得タイトル】
1992年度全日本スーパーフェザー級新人王
第30代日本スーパーフェザー級王座

 

【戦歴】
1984/04/07 ●4R判定 (採点不明) 野間口 与司幸(大阪帝拳)
1984/07/09 ●2RKO 矢吹 丈(新大阪)
1991/08/07 ○2RKO 菊地 剛(尼崎)
1991/11/01 ○1RKO 永浜 隆仁(KTT)
1991/12/17 ○2RTKO 仲山 登志男(塚原京都)
1992/03/07 ○3RKO 大野 重行(進光)
1992/04/21 ○2RKO 井上 強(陽光アダチ)
1992/05/26 ○3RKO 重田 由紀久(風間)
1992/07/31 ○4R判定 (採点不明) 大野 重行(進光)
1992/10/02 ○3RKO 駿河 健二(東郷)
1992/10/25 ○1RKO 小沢 和仁(富士)

■1992年度全日本スーパーフェザー級新人王西軍代表決定戦
1992/12/05 ○1RKO 嶽本 吉克(熊本)
※全日本新人王獲得(次戦対戦相手棄権)

1993/04/16 ○3RKO 阿久井 一彦(守安)
1993/06/21 ●4RKO 鈴木 敏和(神戸)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1993/09/07 ○10RTKO 古城 賢一郎(ヨネクラ)
※日本スーパーフェザー級王座獲得

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
1994/01/31 ●5RTKO 鈴木 敏和(神戸)
※日本スーパーフェザー級王座陥落

 

【補足情報】
・大阪府大阪市城東区出身。
・1992/12/05には1992年度全日本スーパーフェザー級新人王決定戦として黄麗 日出(協栄)と
 対戦する予定だったが黄麗の棄権により、不戦での全日本新人王獲得となっている。
・アマチュア戦績:11勝2敗。中2でボクシングジムへ入門、興国高1年のとき1982年度インターハイで
 バンタム級ベスト8。国体出場を最後に中退。
・母子家庭のため家計を助けようとプロ入り、森岡ジムへ入門した。
・石川 成功の名でデビュー、しかし自信過剰で練習せず2連敗して引退。7年間、長距離運転手、
 ウェイターなど職を転々。偶然、森岡 栄治会長に再会し再入門。菊地 剛戦より真野 功の
 リングネームに改名し、10連勝(9KO)。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-I-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました