ディオネル・ディオコス(Diomel Diocos)

ディオネル・ディオコス(Diomel Diocos)(比)

 

本名:ディオナルド・ジャニピン・ディオコス
生年月日:1993年7月4日
国籍:比
戦績:25戦15勝(4KO)7敗3分

 

【獲得タイトル】
なし

 

【戦歴】
2012/09/29 ○4R判定 3-0(採点不明) マニー・ママッキアオ(比)
2012/11/10 ○3RTKO レンジー・エルモソ(比)
2013/02/24 ○1RTKO リチャード・エルマ(比)
2013/06/22 ●6R判定 1-2(57-58、56-58、59-55) フェル・モラレス(比)
2013/10/26 △6R判定 1-1(56-58、57-57、60-54) ロイ・アルバエラ(比)
2014/02/01 △6R判定 1-1(59-55、57-57、56-58) フィデル・キュイノ(比)
2014/05/24 ○6R判定 2-0(57-57、58-56、58-57) ライアン・メデス(比)
2014/08/22 ○6R判定 2-0(57-57、59-54、59-54) ビンセント・バウティスタ(比)
2014/10/26 ○8R判定 2-1(77-75、75-77、77-76) ジョナサン・フランシスコ(比)
2015/02/28 △3R負傷判定 (採点不明) ルーベン・トラザ(比)
2015/09/12 ○6R判定 2-1(56-57、58-55、59-55) ジェイソン・ドゲリオ(比)
2015/12/12 ○1RTKO ネストル・ジュニオ(比)
2016/07/16 ○8R判定 2-0(76-76、79-75、78-74) ローウェル・サギサ(比)
2016/11/19 ○6R判定 3-0(58-56、58-56、58-56) ジョバニ・カシン(比)
2017/02/04 ●4RTKO 比嘉 大吾(白井・具志堅S)
2017/07/30 ○8R判定 2-0(76-76、78-74、77-75) ジェイアー・ディアマ(比)
2018/02/25 ○4RTKO ジェリー・メイ・ビラグラシア(比)
2018/06/10 ○10R判定 3-0(96-94、97-93、97-93) JC・フランシスコ(比)

■ABCO(WBCアジア)コンチネンタルフライ級王座決定戦
2019/01/26 ●12R判定 0-3(110-118、112-116、109-119) リカルド・スエノ(比)
※ABCO(WBCアジア)コンチネンタルフライ級王座挑戦

2019/04/27 ●10R判定 0-3(90-100、92-98、92-99) ミルコ・マーティン(独)
2019/09/21 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) マーク・ジェキント(比)
2019/11/02 ●8R判定 0-3(74-77、74-77、76-77) 梶 颯(帝拳)
2019/12/23 ●2RTKO ローマン・ゴンサレス(ニカラグア)
2021/10/23 ●6R判定 0-2(採点不明) フェルナン・アジェンシア(比)
2022/07/08 ○6R判定 3-0(60-53、59-54、59-54) ディオメル・ディオコス(比)

 

【補足情報】
・比-マニラ首都圏パラニャーケ市出身。
・WBO欧州フライ級王者のミルコ・マーティンと対戦し、判定で敗れている。
・世界四階級制覇王者のローマン・ゴンサレスと対戦し、2RTKOで敗れている。
・WBC世界フライ級王者となる比嘉 大吾と対戦し、4RTKOで敗れている。
・日本語表記ではディオメル・ディオコスと表記されることもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-て-に戻る
索引-D-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました