テリー・フラナガン(Terry Flanagan)

テリー・フラナガン(Terry Flanagan)(英)
 
 

本名:不明
生年月日:1989年6月11日
国籍:英
戦績:38戦36勝(14KO)2敗
 
 

【獲得タイトル】
2012年度英国プロボクサートーナメントライト級優勝
BBBofCイングランドスーパーフェザー級王座
BBBofC英国ライト級王座
WBO欧州ライト級王座
第14代WBO世界ライト級王座
 
 

【戦歴】
2009/01/24 ○6R判定 (59-55) ダニー・マクダーミッド(英)
2009/03/29 ○6R判定 (60-54) デルロイ・スペンサー(英)
2009/08/01 ○4R判定 (40-35) マイケル・オガラ(英)
2009/10/31 ○4R判定 (40-36) パベルス・センコブズ(ラトビア)
2009/12/20 ○3RTKO デルロイ・スペンサー(英)
2010/05/30 ○1RKO チャバ・トス(ハンガリー)
2010/09/17 ○2RTKO イグナーツ・カッシャイ(ハンガリー)
2010/11/21 ○6R判定 (60-54) ドギー・カラン(英)
2011/01/22 ○2RTKO ストヤン・サーベゾフ(ブルガリア)
2011/02/05 ○6R判定 (60-53) ルイス・ブラウニング(英)
2011/12/18 ○4R判定 (40-36) パベルス・センコブズ(ラトビア)
2012/02/03 ○6R判定 (60-53) スコット・モイセス(英)
2012/03/31 ○4R判定 (40-36) クリスチャン・ライト(英)

■BBBofCイングランドスーパーフェザー級王座決定戦
2012/05/18 ○10R判定 3-0(99-91、99-90、99-91) ドギー・カラン(英)
※BBBofCイングランドスーパーフェザー級王座獲得

■BBBofCイングランドスーパーフェザー級タイトルマッチ
2012/09/22 ○10R判定 3-0(99-92、99-93、98-94) トロイ・ジェームズ(英)
※BBBofCイングランドスーパーフェザー級王座防衛①(のちに返上)

2012/10/06 ○3R判定 3-0(29-28、29-28、29-28) パトリック・ウォルシュ(英)
2012/10/06 ○3R判定 3-0(29-27、29-27、29-27) デリー・マシューズ(英)

■2012年度英国プロボクサートーナメントライト級決勝(プライズファイター 26)
2012/10/06 ○3R判定 2-1(29-28、29-28、28-29) ゲイリー・サイクス(英)
※英国プロボクサートーナメント優勝

2012/12/14 ○3R棄権 ミッキー・カブニー(英)
2013/04/27 ○4R棄権 ネイト・キャンベル(米)
2013/10/05 ○2RTKO マイケル・グラント(英)
2013/11/15 ○6R判定 (60-54) ミハル・ドゥフェク(チェコ)
2014/03/08 ○8R判定 (80-72) ジェルジ・ミズセーJr(ハンガリー)
2014/05/10 ○2RTKO ジョーダン・ワシリエフ(ブルガリア)

■BBBofC英国ライト級王座決定戦
2014/07/26 ○7R棄権 マーティン・ゲシン(英)
※BBBofC英国ライト級王座獲得(のちに返上)

2014/12/13 ○5RTKO ダニー・リトル(英)

■WBO欧州ライト級タイトルマッチ
2015/02/14 ○10R反則 スティーブン・オーモンド(アイルランド)
※WBO欧州ライト級王座獲得

■WBO世界ライト級タイトルマッチ
2015/07/11 ○2R棄権 ホセ・セペダ(メキシコ)
※WBO世界ライト級王座獲得

■WBO世界ライト級タイトルマッチ
2015/10/10 ○2RTKO ディエゴ・マグダレノ(米)
※WBO世界ライト級王座防衛①

■WBO世界ライト級タイトルマッチ
2016/03/12 ○12R判定 3-0(115-112、117-110、117-110) デリー・マシューズ(英)
※WBO世界ライト級王座防衛②

■WBO世界ライト級タイトルマッチ
2016/07/16 ○12R判定 3-0(120-106、120-106、120-106) ムゾンケ・ファナ(南ア)
※WBO世界ライト級王座防衛③

■WBO世界ライト級タイトルマッチ
2016/11/26 ○8RTKO オルランド・クルス(プエルトリコ)
※WBO世界ライト級王座防衛④

■WBO世界ライト級タイトルマッチ
2017/04/08 ○12R判定 3-0(116-112、120-108、118-110) ピーテル・ペトロフ(ロシア)
※WBO世界ライト級王座防衛⑤(のちに返上)

■WBO世界スーパーライト級王座決定戦
2018/06/09 ●12R判定 1-2(117-111、111-117、113-115) モーリス・フーカー(米)
※WBO世界スーパーライト級王座挑戦

■WBC世界スーパーライト級暫定タイトルマッチ/WBSSシーズン2スーパーライト級準々決勝
2018/10/27 ●12R判定 0-3(110-117、109-118、108-119) レジス・プログレイス(米)
※WBC世界スーパーライト級暫定王座挑戦
※WBSSシーズン2スーパーライト級準決勝敗退

2019/07/12 ○5RKO ジョナス・セグ(タンザニア)
2019/10/11 ○4R反則 マイケル・アンサ(ガーナ)
2019/11/15 ○8R判定 (80-71) ジャイロ・デュラン(ホンジュラス)
 
 

【補足情報】
・ 英-ランカシャー州マンチェスター出身。同地を拠点に活動。
・ マイケル・グラント戦では2Rにダウンを奪われるも、同ラウンドに奪い返しての逆転TKO勝ちを収めた。
・ スティーブン・オーモンド戦ではオーモンドの頻繁なバッティングにより反則勝ちとなった。
・ 世界初挑戦のホセ・セペダ戦ではセペダが左肩を脱臼し棄権。
・当初、モーリス・フーカー戦は2018/04/14に実施される予定だったが、興行中止により
 2か月ほど延期されて開催となった。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-て-に戻る
索引-T-に戻る
 
 

 

ボクシング 選手名鑑 -戦績一覧- -戦歴一覧-

コメント

タイトルとURLをコピーしました