ジム・ワット(Jim Watt)

ジム・ワット(Jim Watt)(英)
 
 

本名:ジム・ワット
生年月日:1948年7月18日
国籍:英
戦績:46戦38勝(27KO)8敗
 
 

【獲得タイトル】
1968年度ABA英国選手権ライト級優勝(アマチュア)
BBBofC英国ライト級王座
BBBofC英国ライト級王座
EBU欧州ライト級王座
第15代WBC世界ライト級王座
 
 

【戦歴】
1968/10/30 ○4RKO サントス・マーティンズ(ガーナ)
1968/12/11 ○2RTKO アレックス・ギブソン(英)
1969/04/10 ○8R判定 (40-38.25) ビクター・ポール(ナイジェリア)
1969/09/15 ○4RTKO ウィンストン・トーマス(英)
1969/11/24 ○8R判定 (40-38.5) トミー・タイガー(ナイジェリア)
1970/02/16 ●6RTKO ビクター・ポール(ナイジェリア)
1970/06/01 ○5RTKO ビクター・ポール(ナイジェリア)
1970/06/15 ○6RTKO ブリン・ルイス(英)
1970/10/20 ○2RKO サミー・ロックハート(英)
1970/12/01 ○4R棄権 ロニー・クリフォード(英)
1971/01/11 ○8R判定 (39.75-39) デビッド・ペッセンティ(仏)
1971/03/22 ○6RTKO アンリ・ネシ(仏)

■BBBofC英国ライト級挑戦者決定戦
1971/09/27 ○7RTKO ウィリー・レイリー(英)
※BBBofC英国ライト級挑戦権獲得

1971/11/01 ○9RTKO レオナルド・タバレス(仏)

■BBBofC英国ライト級王座決定戦
1972/02/01 ●10RTKO ウィリー・レイリー(英)
※BBBofC英国ライト級王座挑戦

■BBBofC英国ライト級王座決定戦
1972/05/03 ○12RTKO トニー・ライリー(英)
※BBBofC英国ライト級王座獲得

1972/12/11 ○3RTKO ノエル・マクイバー(英)

■BBBofC英国ライト級タイトルマッチ
1973/01/29 ●15R判定 (72.5-74.5) ケン・ブキャナン(英)
※BBBofC英国ライト級王座陥落

1973/05/09 ○8R判定 (39.5-38.25) ジョニー・チェシャー(英)
1973/06/07 ○4RTKO ノエル・マクイバー(英)
1973/10/05 ○8R判定 (79.5-78.5) アンガス・マクミラン(英)
1974/02/16 ○7RTKO アンドリエス・ステイン(南ア)
1974/03/02 ○10R判定 (採点不明) コッキー・オリビエ(南ア)

■BBBofC英国ライト級挑戦者決定戦
1974/06/19 ○12R判定 (119-116.5) ビリー・ウェイト(英)
※BBBofC英国ライト級王座挑戦

1974/10/26 ●10R判定 (採点不明) アンソニー・モロディ(南ア)

■BBBofC英国ライト級王座決定戦
1975/01/27 ○7RTKO ジョニー・チェシャー(英)
※BBBofC英国ライト級王座獲得

1975/03/19 ○10R判定 (99.5-95.5) ビリー・ウェイト(英)

■コモンウェルス英連邦ライト級王座決定戦
1975/05/03 ●15R判定 (採点不明) ジョナサン・デリ(ナイジェリア)
※コモンウェルス英連邦ライト級王座挑戦

1975/10/31 ●12R判定 (採点不明) アンドレ・ホリック(仏)
1976/03/02 ○4RKO ジョージ・ターピン(英)
1976/03/30 ○7RTKO ジミー・レビ(英)
1976/05/10 ○4RTKO エクトル・ディアス(ドミニカ共和国)
1976/06/22 ●3RTKO ジョニー・クレイドン(英)
1976/10/12 ○6RTKO フランコ・ダイアナ(伊)

■BBBofC英国ライト級タイトルマッチ
1977/02/21 ○10RTKO ジョニー・クレイドン(英)
※BBBofC英国ライト級王座防衛①(のちに返上)

■EBU欧州ライト級王座決定戦
1977/08/05 ○1RTKO アンドレ・ホリック(仏)
※EBU欧州ライト級王座獲得

■EBU欧州ライト級タイトルマッチ
1977/11/16 ○10RTKO ヘロニモ・ルカス(スペイン)
※EBU欧州ライト級王座防衛①

■EBU欧州ライト級タイトルマッチ
1978/02/17 ○15R判定 3-0(149-138、149-137、149-137) ペリコ・フェルナンデス(スペイン)
※EBU欧州ライト級王座防衛②

1978/06/12 ○8R判定 (79-74) ビリー・ビビアン(英)

■EBU欧州ライト級タイトルマッチ
1978/10/18 ○5R棄権 アントニオ・ギナルド(スペイン)
※EBU欧州ライト級王座防衛③(のちに返上)

■WBC世界ライト級王座決定戦
1979/04/17 ○12RTKO アルフレド・ピタルア(コロンビア)
※WBC世界ライト級王座獲得

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1979/11/03 ○9RTKO ロバート・バスケス(米)
※WBC世界ライト級王座防衛①

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1980/03/14 ○4RTKO チャーリー・ナッシュ(英)
※WBC世界ライト級王座防衛②

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1980/06/07 ○15R判定 3-0(145-144、149-142、147-144) ハワード・デイビスJr(米)
※WBC世界ライト級王座防衛③

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1980/11/01 ○12RTKO ショーン・オグラディ(米)
※WBC世界ライト級王座防衛④

■WBC世界ライト級タイトルマッチ
1981/06/20 ●15R判定 0-3(143-147、137-147、143-147) アレクシス・アルゲリョ(ニカラグア)
※WBC世界ライト級王座陥落
 
 

【補足情報】
・英-スコットランド、グラスゴー出身。
・メキシコ五輪への出場権を捨ててプロ転向。
・ショーン・オグラディ戦ではヒッティングによるTKO勝利となったが、実際には
 バッティングであり、それまでのスコアではオグラディがリードしていたとして物議をかもした。
・引退後は68歳まで長らくボクシング解説者を務めた。
・TVの司会者や、コメディ番組に登場するなどタレント活動も行っていた。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-J-に戻る
 
 

ボクシング 選手名鑑 -戦績一覧- -戦歴一覧-

コメント

タイトルとURLをコピーしました