フェルナンド・モンティエル(Fernando Montiel)

フェルナンド・モンティエル(Fernando Montiel)(メキシコ)
 
 

本名:フェルナンド・モンティエル・マルティネス
生年月日:1979年3月1日
国籍:メキシコ
戦績:62戦54勝(39KO)6敗2分
 
 

【獲得タイトル】
WBA北米スーパーフライ級王座
WBC米国スーパーバンタム級シルバー王座
第10代WBO世界フライ級王座
第9代WBO世界スーパーフライ級王座
第12代WBO世界スーパーフライ級王座
WBO世界バンタム級暫定王座
第15代WBO世界バンタム級王座
第27代WBC世界バンタム級王座

 
 

【戦歴】
1996/12/06 ○2RTKO マヌエル・タマジョ(メキシコ)
1997/02/28 ○1RKO マルコス・メンディビル(メキシコ)
1997/03/20 ○2RTKO ノエ・アコスタ(メキシコ)
1997/04/18 ○1RKO マウリー・アヤラ(メキシコ)
1997/04/30 ○3RKO マヌエル・ベガ(メキシコ)
1997/05/16 ○2RKO マルティン・ロブレス(メキシコ)
1997/07/18 ○1RTKO ヘスス・ロドリゲス(メキシコ)
1997/10/10 ○1RTKO フーゴ・エルナンデス(メキシコ)
1997/12/05 ○7RTKO ロレンソ・トレホ(メキシコ)
1998/02/13 ○1RKO ホセ・マヌエル・ナバロ(メキシコ)
1998/03/20 ○3RKO レオナルド・ロドリゲス(メキシコ)
1998/06/05 ○10R判定 (採点不明) ハビエル・バルゲス(メキシコ)
1998/07/31 △10R判定 (採点不明) パウリーノ・ビジャロボス(メキシコ)
1998/10/09 ○10R判定 3-0(採点不明) パウリーノ・ビジャロボス(メキシコ)
1999/01/29 ○10R判定 3-0(採点不明) ホセ・アロンソ(メキシコ)
1999/04/16 ○5RKO セサール・リカルド・マルティネス(メキシコ)

■WBA北米スーパーフライ級王座決定戦
1999/09/11 ○12R判定 (採点不明) ルーベン・ディアス(メキシコ)
※WBA北米スーパーフェザー級王座獲得

1999/12/03 ○10R判定 (採点不明) セルヒオ・ミジャン(メキシコ)
2000/03/17 ○5RKO アルマンド・コレア(メキシコ)
2000/04/14 ○4RTKO クルス・カルバハル(メキシコ)
2000/09/08 ○8RKO オスワルド・ゲレーロ(メキシコ)

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2000/12/15 ○7RTKO イシドロ・ガルシア(メキシコ)
※WBO世界フライ級王座獲得

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2001/03/24 ○7RTKO ソルタン・ルンカ(ルーマニア)
※WBO世界フライ級王座防衛①

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2001/05/25 ○1RKO フアン・ドミンゴ・コルドバ(亜)
※WBO世界フライ級王座防衛②

■WBO世界フライ級タイトルマッチ
2001/09/08 ○12R判定 3-0(116-110、116-111、118-110) ホセ・ロペス(プエトリコ)
※WBO世界フライ級王座防衛③(のちに返上)

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2002/06/22 ○6RTKO ペドロ・アルカサール(パナマ)
※WBO世界スーパーフライ級王座獲得

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2003/01/18 ○2RTKO ロイ・ドリゲス(比)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛①

2003/05/09 ○2RTKO ルーベン・サンチェス・レオン(メキシコ)

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2003/08/16 ●12R判定 0-2(112-115、110-117、114-114) マーク・ジョンソン(米)
※WBO世界フライ級王座陥落

2004/01/16 ○3RTKO ロベルト・ロペス(メキシコ)
2004/04/29 ○3RKO サムエル・ロペス(メキシコ)
2004/09/03 ○7RKO レイナルド・フルタド(コロンビア)

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2005/04/09 ○7RKO イバン・エルナンデス(メキシコ)
※WBO世界スーパーフライ級王座獲得

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2005/07/16 ○12R判定 3-0(117-111、118-110、117-111) エベルト・ブリセーニョ(ニカラグア)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛①

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2005/10/29 ○12R判定 3-0(115-112、114-112、114-112) プラムウォンサック・ポーサワン(タイ)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛②

■WBO世界バンタム級タイトルマッチ
2006/05/27 ●12R判定 1-2(115-113、111-118、112-116) ジョニー・ゴンサレス(メキシコ)
※WBO世界バンタム級王座挑戦

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2007/02/24 ○12R判定 2-1(115-111、114-112、111-115) Z・ゴレス(比)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛③

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2007/07/14 ○10RTKO セシリオ・サントス(メキシコ)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛④

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2007/10/04 ○12RTKO ルイス・メレンデス(コロンビア)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛⑤

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2008/02/16 ○4RKO マルティン・カスティージョ(メキシコ)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛⑥

■WBO世界スーパーフライ級タイトルマッチ
2008/05/31 ○3RTKO ルイス・マルドナド(メキシコ)
※WBO世界スーパーフライ級王座防衛⑦(のちに返上)

2008/11/02 ○10R判定 3-0(採点不明) フアン・アルベルト・ロサス(メキシコ)

■WBO世界バンタム級暫定王座決定戦
2009/03/28 ○3RKO ディエゴ・オスカル・シルバ(亜)
※WBO世界バンタム級暫定王座獲得(のちに正規王者に認定)

2009/09/12 △3R負傷引分 アレハンドロ・バルデス(メキシコ)

■WBO世界バンタム級タイトルマッチ
2010/02/13 ○1RTKO シソ・モラレス(比)
※WBO世界バンタム級王座防衛①

■WBC世界バンタム級タイトルマッチ
2010/04/30 ○4RTKO 長谷川 穂積(真正)
※WBC世界バンタム級王座獲得

■WBC/WBO世界バンタム級タイトルマッチ
2010/07/17 ○3RKO ラファエル・コンセプション(パナマ)
※WBO世界バンタム級王座防衛②
※WBC世界バンタム級王座防衛①

2010/12/10 ○2RKO ジョバンニ・ソト(メキシコ)

■WBC/WBO世界バンタム級タイトルマッチ
2011/02/19 ●2RTKO ノニト・ドネア(比)
※WBO世界バンタム級王座陥落
※WBC世界バンタム級王座陥落

2011/06/25 ○3R棄権 ネオマール・セルメーニョ(ベネズエラ)
2011/08/20 ○3RKO アルバロ・ペレス(ニカラグア)

■WBCスーパーバンタム級シルバー王座決定戦
2011/11/19 ●12R判定 0-3(112-115、113-115、113-114) ビクトル・テラサス(メキシコ)
※WBCスーパーバンタム級シルバー王座挑戦

2012/03/03 ○9RKO アンカイ・アンコッタ(インドネシア)
2012/06/09 ○12R判定 2-1(115-113、117-111、113-115) アルツロ・サントス・レイジェス(メキシコ)

■WBC米国スーパーバンタム級シルバー王座決定戦
2012/11/24 ○12R判定 3-0(114-112、114-112、114-112) ジョバンニ・カロ(メキシコ)
※WBC米国スーパーバンタム級シルバー王座獲得

■WBC米国スーパーバンタム級シルバータイトルマッチ
2013/06/22 ○3RKO ハデレス・パドゥア(比)
※WBC米国スーパーバンタム級シルバー王座防衛①

2014/03/15 ○10R判定 2-0(97-91、96-92、94-94) クリストバル・クルス(メキシコ)
2014/07/26 ○1RKO ヘスス・リオス(メキシコ)
2014/11/08 ○10R判定 3-0(98-91、96-93、96-93) セルヒオ・プエンテ(メキシコ)
2015/03/14 ○10R判定 3-0(99-88、99-88、99-88) ロヘリオ・フン・ドリゲス(比)

■IBF世界フェザー級タイトルマッチ
2015/10/14 ●12R判定 0-3(112-116、110-118、109-119) リー・セルビー(英)
※IBF世界フェザー級王座挑戦

2016/04/30 ●1RKO ホルヘ・ララ(メキシコ)
 
 
 

【補足情報】
・愛称はコチュリート。狼の意。
・WBO世界バンタム級暫定王座の正規認定は正規王者のジェリー・ペニャロサ(比)の王座返上に伴うもの。
・初防衛戦は元WBA世界フライ級王者でのちに二階級制覇を達成するエリック・モレル(プエルトリコ)と
 行われる予定だったが、自身の怪我により中止された。
・長谷川 穂積とのWBC世界バンタム級タイトルマッチはJBCのWBO世界王座の承認前だった為、
 WBO/WBC統一戦にはならずWBCのベルトのみ賭けられた。
・2016/03/12にアブネル・マレス(メキシコ)と対戦の予定だったが、メインに出場予定の
 キース・サーマン(米)の交通事故による負傷により、興行自体が中止となった。
 
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-ふ-に戻る
索引-F-に戻る
 
 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました