三好 喜美佳(Kimika Miyoshi)

三好 喜美佳(Kimika Miyoshi)(川崎新田)

 

本名:三好 喜美佳
生年月日:1983年12月22日
国籍:日本
戦績:29戦15勝(6KO)13敗1分

 

【獲得タイトル】
第3代日本フェザー級王座
第2代OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座
初代OPBF東洋太平洋女子フェザー級王座
第2代OPBF東洋太平洋女子スーパーフェザー級王座

 

【戦歴】
2008/05/09 ●4R判定 0-2(38-39、38-39、38-38) 藤本 奈月(セレス)
2008/12/10 ●1RKO 東郷 理代(山木)
2009/04/09 ○4RTKO 稲元 真理(熊谷コサカ)
2009/06/16 ○4R判定 2-0(39-38、39-38、38-38) 丸山 礼子(金子)
2009/11/17 △4R判定 0-1(38-39、38-38、38-38) 東郷 理代(山木)
2010/03/07 ●2RTKO 川西 友子(大阪帝拳)
2010/12/05 ○1RTKO ラチャニコーン・シティチャイジム(タイ)
2011/04/21 ●3RTKO 東郷 理代(山木)
2011/08/28 ●4R判定 1-2(37-38、37-38、38-37) 山田 紗暉(フジタ)
2011/11/23 ○6R判定 3-0(59-55、59-56、58-56) カイ・ジョンソン(竹原慎二&畑山隆則)
2012/03/12 ○6R判定 3-0(59-55、59-56、58-56) 稲元 真理(熊谷コサカ)
2012/06/25 ○6R判定 2-1(58-56、58-57、57-58) 天空 ツバサ(アルファ)
2012/09/26 ○2RTKO インレック・シットサイトーン(タイ)

■OPBF東洋太平洋女子バンタム級タイトルマッチ
2013/02/27 ○8R判定 2-1(77-76、75-77、77-75) 東郷 理代(アルファ)
※OPBF東洋太平洋女子バンタム級王座獲得

■IBF世界女子バンタム級タイトルマッチ
2013/06/29 ●10R判定 0-3(採点不明) ヤズミン・リバス(メキシコ)
※IBF世界女子バンタム級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋女子バンタム級タイトルマッチ
2013/10/22 ●5R負傷判定 0-3(47-49、47-49、47-49) 東郷 理代(アルファ)
※IBF世界女子バンタム級王座陥落

2014/04/10 ○3RTKO タンティップ・シットサイトーン(タイ)
2014/09/17 ●6R判定 1-2(56-58、57-58、58-56) 氷室 笑香(レパード玉熊)
2015/04/24 ○1RTKO ムエレック・シットサイトーン(タイ)
2015/11/30 ○8R判定 2-1(77-74、76-75、75-76) カイ・ジョンソン(竹原慎二&畑山隆則)
2016/03/06 ○8R判定 3-0(80-72、79-73、79-73) 水谷 智佳(宮田)

■OPBF東洋太平洋女子フェザー級王座決定戦
2016/06/07 ○8R判定 3-0(77-74、76-75、77-74) カイ・ジョンソン(竹原慎二&畑山隆則)
※OPBF東洋太平洋女子フェザー級王座獲得

■WBCスーパーバンタム級シルバータイトルマッチ
2016/08/13 ●10R判定 0-3(90-100、91-99、92-98) シャノン・オコネル(豪)
※WBCスーパーバンタム級シルバー王座挑戦

■WBA世界女子スーパーフェザー級タイトルマッチ
2017/04/15 ●10R判定 0-3(91-99、93-97、90-100) チェ・ヒョンミ(韓)
※WBA世界女子スーパーフェザー級王座挑戦

■OPBF東洋太平洋女子フェザー級タイトルマッチ
2018/07/23 ●8R判定 0-3(74-78、75-77、74-78) 藤原 芽子(真正)
※OPBF東洋太平洋女子フェザー級王座陥落

■OPBF東洋太平洋女子フェザー級タイトルマッチ
2018/12/01 ●8R判定 0-3(76-77、76-77、75-77) 藤原 芽子(真正)
※OPBF東洋太平洋女子フェザー級王座挑戦

■日本女子フェザー級タイトルマッチ
2019/09/23 ○6R判定 2-1(55-59、58-56、58-56) 満田 美紀(姫路木下)
※日本女子フェザー級王座獲得

■日本女子フェザー級タイトルマッチ
2019/12/07 ○6RTKO 緑川 愛(ワタナベ)
※日本女子フェザー級王座防衛①

■日本女子フェザー級タイトルマッチ
2020/11/13 ●6R判定 0-3(56-58、55-59、56-58) 若狭 与志枝(花形)
※日本女子フェザー級王座陥落

 

【補足情報】
・山口県下関市出身。
・中学からバレーボールに打ち込み、宇部女子高校卒業後に上京。個人スポーツがしたくて
 ボクシングジムに入会した。
・アマチュア戦績:2戦2勝
・新田ジムよりデビューし、川西 友子戦よりジム名称が川崎新田ジムに変わっている。
・OPBF東洋太平洋女子王座の三階級制覇は史上初。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-み-に戻る
索引-K-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました