藤岡 奈穂子(Naoko Fujioka)

藤岡 奈穂子(Naoko Fujioka)(竹原慎二&畑山隆則)

 

本名:藤岡 奈穂子
生年月日:1975年8月18日
国籍:日本
戦績:23戦19勝(7KO)3敗1分

 

【獲得タイトル】
2001年度全日本選手権バンタム級優勝(アマチュア)
2003年度全日本選手権フライ級B優勝(アマチュア)
2004年度全日本選手権フライ級優勝(アマチュア)
2006年度全日本選手権フライ級A優勝(アマチュア)
2008年度全日本選手権フライ級A優勝(アマチュア)
初代OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座
第4代WBC世界女子ミニフライ級王座
第5代WBO世界女子ライトフライ級王座
第4代WBA世界女子フライ級王座
第6代WBA世界女子スーパーフライ級王座
第5代WBO世界女子バンタム級王座

 

【戦歴】
2009/09/15 ○2RTKO リリー・ラチャプラチャジム(タイ)
2009/11/30 ○2RTKO 猪崎 かずみ(花形)
2010/04/01 ○2RTKO ポーンブーノン・ポーウォンプルラメット(タイ)

■OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座決定戦
2010/09/24 ○10R判定 3-0(98-92、98-93、98-92) カニタ・ゴーキャットジム(タイ)
※OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ミニフライ級タイトルマッチ
2010/12/15 ○10R判定 3-0(98-93、98-93、98-93) 柴田 直子(ワールドS)
※OPBF東洋太平洋ミニフライ級王座防衛①(のちに返上)

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2011/05/08 ○8R棄権 アナベル・オルティス(メキシコ)
※WBC世界女子ミニフライ級王座獲得

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2011/09/22 ○9RTKO カニタ・ゴーキャットジム(タイ)
※WBC世界女子ミニフライ級王座防衛①

2012/07/11 ○8R判定 3-0(80-72、80-73、79-74) マジェラ・ペレス(メキシコ)

■WBC世界女子ミニフライ級タイトルマッチ
2012/10/28 ○10R判定 3-0(99-90、98-90、98-90) ビクトリア・アルゲッタ(メキシコ)
※WBC世界女子ミニフライ級王座防衛②(のちに返上)

2013/03/12 ○4RKO マリベル・ラミレス(メキシコ)

■WBA世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2013/11/13 ○10R判定 3-0(98-91、97-92、97-92) 山口 直子(白井・具志堅S)
※WBA世界女子スーパーフライ級王座獲得

■WBA世界女子スーパーフライ級タイトルマッチ
2014/07/07 ○10R判定 3-0(97-93、97-93、97-93) 川西 友子(大阪帝拳)
※WBA世界女子スーパーフライ級王座防衛①(のちに返上)

■WBA世界女子フライ級タイトルマッチ
2014/11/08 ●10R判定 0-3(93-97、94-96、94-97) スージー・ケンティキアン(独)
※WBA世界女子フライ級王座獲得

2015/03/14 ○10R判定 2-1(98-93、97-93、94-96) マリアナ・フアレス(メキシコ)

■WBO世界女子バンタム級王座決定戦
2015/10/19 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、99-91) ユ・フィジョン(韓)
※WBO世界女子バンタム級王座獲得

■WBO世界女子バンタム級タイトルマッチ
2016/06/13 ○10R判定 3-0(98-91、97-92、98-91) 真道 ゴー(グリーンツダ)
※WBO世界女子バンタム級王座防衛①(のちに返上)

■WBC世界女子フライ級タイトルマッチ
2016/10/01 ●10R判定 0-3(93-95、93-95、92-96) ヘシカ・チャベス(メキシコ)
※WBC世界女子フライ級王座挑戦

■WBA世界女子フライ級王座決定戦
2017/03/13 ○10RTKO イサベル・ミジャン(メキシコ)
※WBA世界女子フライ級王座獲得

■WBO世界女子ライトフライ級王座決定戦
2017/12/01 ○10R判定 3-0(96-94、98-92、99-91) ヨカスタ・バージェ(コスタリカ)
※WBO世界女子ライトフライ級王座獲得(のちに返上)

■WBA世界女子フライ級タイトルマッチ
2018/09/14 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) イルマ・サンチェス(メキシコ)
※WBA世界女子フライ級王座防衛①

■WBA世界女子フライ級タイトルマッチ
2019/07/12 △10R判定 1-1(96-95、94-96、95-95) 天海 ツナミ(山木)
※WBA世界女子フライ級王座防衛②

■WBA世界女子フライ級タイトルマッチ
2021/07/09 ○10R判定 2-0(95-95、99-91、96-94) スレム・ウルビナ(メキシコ)
※WBA世界女子フライ級王座防衛③

■WBA/WBC世界フライ級王座統一戦
2022/04/09 ●10R判定 0-3(90-100、93-97、90-100) マーレン・エスパーザ(米)
※WBA世界女子フライ級王座陥落
※WBC世界女子フライ級王座挑戦

 

【補足情報】
・宮城県古川市(現・大崎市)出身。
・2011年、2013年の二度女子最優秀選手賞を受賞。
・アマチュア戦績:23戦20勝(12KO/RSC)3敗。
・2008年度の世界選手権に出場。アマチュアでは国内無敗のままプロ転向。
・日本人初の世界5階級制覇を達成。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ふ-に戻る
索引-N-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました