ジャメール・チャーロ(Jermell Charlo)

ジャメール・チャーロ(Jermell Charlo)(米)

 

本名:ジャーメル・デアバンテ・チャーロ
生年月日:1990年05月19日
国籍:米
戦績:37戦35勝(19KO)1敗1分

 

【獲得タイトル】
WBC米大陸スーパーウェルター級王座
USBA全米スーパーウェルター級王座
第45代WBC世界スーパーウェルター級王座
第47代WBC世界スーパーウェルター級王座
第30代IBF世界スーパーウェルター級王座
第12代WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座
第18代WBO世界スーパーウェルター級王座

 

【戦歴】
2007/12/08 ○4R判定 3-0(40-35、40-35、39-35) コーリー・サマービル(米)
2008/04/19 ○3RTKO ヘスス・ビジャレアル(米)
2008/06/13 ○1RTKO ドウェイン・ジョーンズ(米)
2008/09/06 ○4RTKO ロドリゴ・ビラリール(米)
2008/10/10 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) デオン・ナッシュ(米)
2009/02/28 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) フアン・セラーノ(米)
2009/04/04 ○6R判定 3-0(59-55、59-55、60-54) カルロス・ガルシア(プエルトリコ)
2009/06/26 ○8RTKO フェデリコ・フローレスJr(米)
2009/08/22 ○6R判定 3-0(58-56、58-56、58-56) ビート・ガスパリアン(アルメニア)
2009/12/12 ○2RKO アブドン・ロサノ(米)
2010/03/27 ○8R判定 3-0(80-71、79-72、79-72) ヘラルド・セサール・プリエト(メキシコ)
2010/06/18 ○1RTKO アダン・ムリーリョ(メキシコ)
2010/08/06 ○2RTKO クイントン・ウィテカー(米)
2010/11/12 ○8R判定 3-0(78-74、79-73、79-73) ルイス・グラヘダ(メキシコ)
2011/06/17 ○6R判定 3-0(59-55、59-55、60-54) ラリー・スミス(米)
2011/10/07 ○8R判定 3-0(79-73、78-74、79-73) フランシスコ・サンタナ(米)
2012/03/24 ○3RTKO クリス・チャトマン(米)
2012/06/23 ○5RKO デニス・ダグリン(米)
2012/11/24 ○10R判定 3-0(100-89、99-90、98-91) ダッシュオン・ジョンソン(米)

■WBC米大陸スーパーウェルター級王座決定戦
2013/01/26 ○8RKO ハリー・ジョー・ヨルゲイ(米)
※WBC米大陸スーパーウェルター級王座獲得(のちに返上)

■USBA全米スーパーウェルター級タイトルマッチ
2013/06/08 ○12R判定 3-0(115-113、115-113、115-113) ディミトリアス・ホプキンス(米)
※USBA全米スーパーウェルター級王座獲得(のちに返上)

2013/10/14 ○10RTKO ホセ・アンヘル・ロドリゲス(米)
2014/01/25 ○10R判定 3-0(97-93、99-91、100-90) ガブリエル・ロサド(米)
2014/05/24 ○12R判定 3-0(118-109、115-111、118-109) チャーリー 太田(八王子中屋)
2014/12/13 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) マリオ・アルベルト・ロサノ(メキシコ)
2015/03/28 ○10R判定 3-0(97-93、96-94、96-94) バネス・マーティロスヤン(アルメニア)
2015/10/31 ○6RTKO ジョアシャン・アルシーヌ(カナダ)

■WBC世界スーパーウェルター級王座決定戦
2016/05/21 ○8RKO ジョン・ジャクソン(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座獲得

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2017/04/22 ○6RKO チャールズ・ハトレイ(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛①

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2017/10/14 ○1RKO エリクソン・ルビン(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛②

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2018/06/09 ○12R判定 2-0(118-108、115-111、113-113) オースティン・トラウト(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛③

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2018/12/22 ●12R判定 0-3(113-115、113-115、112-116) トニー・ハリソン(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座陥落

2019/06/23 ○3RKO ホルヘ・コタ(メキシコ)

■WBC世界スーパーウェルター級タイトルマッチ
2019/12/21 ○11RKO トニー・ハリソン(米)
※WBC世界スーパーウェルター級王座獲得

■WBAスーパー/IBF/WBC世界スーパーウェルター級王座統一戦
2020/09/26 ○3RKO ヘイソン・ロサリオ(ドミニカ共和国)
※WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座獲得
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛①
※IBF世界スーパーウェルター級王座獲得

■WBAスーパー/IBF/WBC/WBO世界スーパーウェルター級王座統一戦
2021/07/17 △12R判定 1-1(114-114、117-111、113-114) ブライアン・カスターニョ(亜)
※WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座防衛①
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛②
※IBF世界スーパーウェルター級王座防衛①
※WBO世界スーパーウェルター級王座挑戦

■WBAスーパー/IBF/WBC/WBO世界スーパーウェルター級王座統一戦
2022/05/14 ○10RKO ブライアン・カスターニョ(亜)
※WBA世界スーパーウェルター級スーパー王座防衛②
※WBC世界スーパーウェルター級王座防衛③
※IBF世界スーパーウェルター級王座防衛②
※WBO世界スーパーウェルター級王座獲得

 

【補足情報】
・米-テキサス州リッチモンド出身。同州ヒューストンを拠点に活動。
・異名は「アイロンマン」。「鉄の男」の意。
・アマチュア戦績:56勝8敗。2005年度ジュニア五輪の銅メダリスト。
・双子の兄は世界二階級制覇王者のジャモール・チャーロ(米)
・日本語表記ではジャーメル・チャーロ、ジェメール・チャーロ等と表記されることもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-J-に戻る

コメント

タイトルとURLをコピーしました