真鍋 圭太(Keita Manabe)

真鍋 圭太(Keita Manabe)(M.T)
 
 

本名:不明
生年月日:1979年7月13日
国籍:日本
戦績:34戦26勝(22KO)7敗1分
 
 

【獲得タイトル】
2004年度A級ボクサー4回戦トーナメントライト級優勝
 
 

【戦歴】
1999/08/31 ○1RTKO 田辺 修輔(沖)
1999/11/17 ○1RKO 鈴木 国寛(輪島S)
2000/02/21 ○1RKO 小畑 照亘(歩)
2000/04/03 ○2RKO 須田 由樹(森岡)
2000/05/28 ○1RKO アリ・アルバラシン(比)
2000/08/21 ○4RKO ローランド・プリトス(比)
2000/11/20 ○2RTKO ムアンマイ・シッソーバー(タイ)
2001/01/15 ○7RTKO ダウマイ・シスコドム(タイ)
2001/04/20 ○2RTKO レックス・マルサン(比)
2001/06/18 ●6RTKO ピムニミット・シットアラン(タイ)
2002/02/18 ○6R判定 2-0(58-56、58-57、57-57) 柴崎 健二(マサ伊藤)
2002/06/17 ○1RTKO サイペット・ブンタウィ(タイ)
2002/11/24 ○3RKO マイク・ワンプラサート(タイ)
2003/03/24 ○8RTKO ピムニミット・シットアラン(タイ)
2003/06/03 ○2RKO 山本 悟(フォーラムS)
2003/08/22 ○4RTKO ムアンファーレック・ギャットビチアン(タイ)
2003/11/05 ○8RTKO 下田 賀彦(駿河)
2004/02/23 ○10R判定 2-1(96-95、95-94、93-95) 伊地知 崇(角海老宝石)
2004/04/14 ○3RTKO 川向 虎蔵(北澤)
2004/06/23 ○1RKO 小倉 健太郎(ワタナベ)

■2004年度A級ボクサー4回戦トーナメントライト級決勝
2004/08/21 △4R判定 1-1(39-38、38-39、38-38) 松信 秀和(宮田)
※A級トーナメント優勝(規定により真鍋の勝者扱い)

2004/11/29 ○1RKO 沢尻 太尊(船橋ドラゴン)

■日本スーパーフェザー級タイトルマッチ
2005/04/02 ●10R負傷判定 0-3(94-98、94-97、95-97) 本望 信人(角海老宝石)
※日本スーパーフェザー級王座挑戦

2005/07/21 ○10R判定 3-0(99-91、98-94、97-94) ジャガー 哲也(倉敷守安)
2005/10/15 ○3RKO パク・チャンリョル(韓)

■日本スーパーフェザー級王座決定戦
2006/01/14 ●2RTKO 小堀 佑介(角海老宝石)
※日本スーパーフェザー級王座挑戦

2006/05/22 ○3RKO デンチャイ・ソーティアッブクン(タイ)
2006/08/12 ○10RKO 鈴木 拓也(ワタナベ)
2006/12/11 ○2RKO 闘将青木 誠(グリーンツダ)
2007/03/22 ○8R判定 3-0(76-73、76-73、75-72) 阪東 タカ(ONE・TWOスポーツ)
2008/01/14 ●5RTKO 細野 悟(大橋)
2008/12/17 ●5R負傷判定 0-2(46-47、45-46、46-46) 長崎 大之(F・I)
2009/08/22 ●4R判定 0-3(36-40、36-40、37-40) 小林 生人(角海老宝石)
2015/11/22 ●6R判定 0-3(55-59、56-59、56-58) 島倉 裕矢(岐阜ヨコゼキ)
 
 

【補足情報】
・岡山県倉敷市出身。生家は辰吉 丈一郎(大阪帝拳)の実家に近い。辰吉は味野中学の先輩にあたる。
・アマチュア戦績:5戦2勝(1KO)3敗。
・協栄ジムよりプロデビュー、マイク・ワンプラサート戦より新日本呉ジム、山本 悟戦より石川ジム、
 さらに長崎 大之戦よりM.Tジムへ移籍した。
・3歳から水泳、小5でバレーボール(将来は国体選手と嘱望された)、中学では陸上部、
 三種競技で中国大会4位。しか小学校から夢はボクシングの世界チャンピオンになることだった。
・抜群の体力、パンチ力を持ちながら練習嫌いだったが、石川ジムではリック 吉村(石川)
 パートナーを務め、そのまじめさ、練習熱心さを学んだという。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-ま-に戻る
索引-K-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました