レイラ・アリ(Laila Ali)

レイラ・アリ(Laila Ali)(米)
 
 

本名:レイラ・アマリア・アリ
生年月日:1977年12月30日
国籍:米
戦績:24戦24勝(21KO)
 
 

【獲得タイトル】
IBA世界女子スーパーミドル級王座
IWBF世界女子スーパーミドル級王座
IWBF世界女子ライトヘビー級王座
初代WBC世界女子スーパーミドル級王座
第2代WIBA世界女子スーパーミドル級王座

 
 

【戦歴】
1999/10/08 ○1RKO エイプリル・ファウラー(米)
1999/11/10 ○4RTKO シャディナ・ペニーベーカー(米)
1999/12/10 ○2RTKO ニコリン・アームストロング(米)
2000/03/07 ○1RKO クリスタル・アーカンド(カナダ)
2000/04/08 ○3RTKO カレン・ビル(米)
2000/04/22 ○4RTKO クリスティーナ・キング(米)
2000/06/15 ○1RTKO マージョリー・ジョーンズ(米)
2000/10/20 ○6R判定 3-0(58-56、60-54、58-56) ケンドラ・レンハート(米)
2001/03/02 ○5RTKO クリスティン・ロビンソン(米)
2001/06/08 ○8R判定 2-0(77-75、79-73、76-76) ジャッキー・フレイジャー・ライド(米)
2002/06/07 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) シャーベル・ウィリアムズ(米)

■IBA世界女子スーパーミドル級王座決定戦
2002/08/17 ○2RTKO シュゼット・テイラー(米)
※IBA世界女子スーパーミドル級王座獲得

■IBA/WIBA/IWBF世界女子スーパーミドル級王座統一戦
2002/11/08 ○8RTKO バレリー・マーフード(米)
※WIBA世界女子スーパーミドル級王座獲得
※IWBF世界女子スーパーミドル級王座獲得
※IBA世界女子スーパーミドル級王座防衛①

■IBA/WIBA/IWBF世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ
2003/02/14 ○4RTKO メアリー・アン・アルマガー(米)
※WIBA世界女子スーパーミドル級王座防衛①
※IWBF世界女子スーパーミドル級王座防衛①
※IBA世界女子スーパーミドル級王座防衛②

2003/06/21 ○6RTKO バレリー・マーフード(米)

■IBA世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ
2003/08/23 ○4RKO クリスティ・マーティン(米)
※IBA世界女子スーパーミドル級王座防衛③

■IBA世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ
2004/07/17 ○4RTKO ニッキ・エプリオン(米)
※IBA世界女子スーパーミドル級王座防衛④(のちに返上)

■IWBF世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ
2004/07/30 ○9RTKO モニカ・ヌネス(ドミニカ共和国)
※IWBF世界女子スーパーミドル級王座防衛②(のちに返上)

■IWBF世界女子ライトヘビー級王座決定戦
2004/09/24 ○3RKO グウェンドリン・オニール(ガイアナ)
※IWBF世界女子ライトヘビー級王座獲得(のちに返上)

■WIBA世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ
2005/02/11 ○8RTKO カサンドラ・ギガー(米)
※WIBA世界女子スーパーミドル級王座防衛②

■WIBA世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ/WBC世界女子スーパーミドル級王座決定戦
2005/06/11 ○3RTKO エリン・タギル(米)
※WIBA世界女子スーパーミドル級王座防衛③
※WBC世界女子スーパーミドル級王座獲得

2005/12/17 ○5RTKO アーサ・サンデル(スウェーデン)

■WIBA/WBC世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ
2006/11/11 ○4RTKO シェリー・バートン(米)
※WIBA世界女子スーパーミドル級王座防衛④
※WBC世界女子スーパーミドル級王座防衛①

■WIBA/WBC世界女子スーパーミドル級タイトルマッチ
2007/02/03 ○1RTKO グウェンドリン・オニール(ガイアナ)
※WIBA世界女子スーパーミドル級王座防衛⑤(のちに返上)
※WBC世界女子スーパーミドル級王座防衛②(のちに返上)
 
 

【補足情報】
・米-フロリダ州マイアミビーチ出身。
・父は世界ヘビー級王者のモハメド・アリ(米)
・結婚のため無敗のまま引退。
 
 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。
 
 

索引に戻る
索引-れ-に戻る
索引-L-に戻る
 
 

コメント

タイトルとURLをコピーしました