ジャニーヌ・ガーサイド(Jeannine Garside)

ジャニーヌ・ガーサイド(Jeannine Garside)(カナダ)

 

本名:ジャニーヌ・ガーサイド
生年月日:1978年4月14日
国籍:カナダ
戦績:14戦10勝(4KO)3敗1分

 

【獲得タイトル】
1999年度カナダ全国選手権57Kg級優勝(アマチュア)
2000年度カナダ全国選手権57Kg級優勝(アマチュア)
2001年度カナダ全国選手権57Kg級優勝(アマチュア)
2002年度カナダ全国選手権57Kg級優勝(アマチュア)
2002年度リングサイドナショナルトーナメント126ポンド優勝(アマチュア)
WBCインターナショナル女子フェザー級王座
第5代WIBA世界女子スーパーバンタム級王座
第4代WIBA世界女子フェザー級王座
第6代WIBA世界女子フェザー級王座
第9代WIBF世界女子フェザー級王座
第3代WBC世界女子フェザー級王座
第2代WBO世界女子フェザー級王座

 

【戦歴】
2004/12/04 ○4R判定 3-0(40-36、40-36、40-36) ヘザー・パーシバル(米)
2005/08/26 ○4R判定 3-0(39-36、40-36、40-36) リタ・セラーノ(米)
2005/10/08 ○5RTKO マルゲリータ・バレンティーニ(カナダ)

■WIBA世界女子スーパーバンタム級タイトルマッチ
2005/11/18 ○10R判定 3-0(98-91、98-90、99-90) リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ)
※WIBA世界女子スーパーバンタム級王座獲得

2006/02/16 ○3RTKO キム・コルベール(米)

■WIBA世界女子スーパーバンタム級タイトルマッチ
2006/06/23 △10R判定 1-0(96-94、95-95、95-95) リサ・ブラウン(トリニダード・トバゴ)
※WIBA世界女子スーパーバンタム級王座防衛①(のちに返上)

■WIBA世界女子フェザー級王座決定戦
2006/11/04 ○10R判定 3-0(100-87、99-89、98-90) ラウラ・セラノ(メキシコ)
※WIBA世界女子フェザー級王座獲得

2007/09/21 ○6RTKO ブルック・ディアドルフ(米)

■IFBA世界女子ライト級王座決定戦
2008/06/13 ●10R判定 1-2(94-96、91-99、96-94) チーベル・ホールバック(米)
※IFBA世界女子ライト級王座挑戦

■IFBA世界女子スーパーフェザー級タイトルマッチ
2008/09/28 ●10R判定 0-3(94-97、93-97、94-96) ウ・チヒェ(韓)
※IFBA世界女子スーパーフェザー級王座挑戦

■WIBA世界女子フェザー級タイトルマッチ
2008/12/17 ●10R判定 1-2(96-97、95-96、98-92) イルマ・アドラー(ボスニア・ヘルツェゴビナ)
※WIBA世界女子フェザー級王座陥落

■WBCインターナショナル女子フェザー級王座決定戦
2009/06/06 ○8R判定 3-0(78-74、77-75、78-74) ドミンガ・オリボ(米)
※WBCインターナショナル女子フェザー級王座獲得(のちに返上)

■WIBA世界女子フェザー級王座決定戦
2010/04/24 ○3RKO リンゼイ・ガーバット(カナダ)
※WIBA世界女子フェザー級王座獲得(のちに返上)

■WBC/WBO/WIBF世界フェザー級タイトルマッチ
2010/07/03 ○10R判定 3-0(98-92、96-94、96-94) イナ・メンツァー(独)
※WIBF世界女子フェザー級王座獲得(のちに返上)
※WBC世界女子フェザー級王座獲得(のちに返上)
※WBO世界女子フェザー級王座獲得(のちに返上)

 

【補足情報】
・カナダ-ブリティッシュコロンビア州ダンカン出身。
・アマチュア時代の1998年にブリティッシュコロンビア州ボクサーオブザイヤーに選出。
・アマチュア戦績:45戦40勝5敗。
・2001年の世界選手権ではフェザー級で銅メダルを獲得。
・国際女性ボクシング殿堂に殿堂入りしている。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-し-に戻る
索引-J-に戻る

 

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました