カスティオ・クレイトン(Custio Clayton)

カスティオ・クレイトン(Custio Clayton)(カナダ)

 

本名:不明
生年月日:1987年10月5日
国籍:カナダ
戦績:21戦19勝(12KO)1敗1分

 

【獲得タイトル】
NABA北米ウェルター級王座
WBC米大陸ウェルター級王座
WBOインターナショナルウェルター級王座
WBOインターナショナルウェルター級王座
IBFインターナショナルウェルター級王座
IBFインターコンチネンタルウェルター級王座

 

【戦歴】
2014/12/19 ○4R判定 3-0(39-37、40-36、40-36) ソフィーン・ハウド(仏)
2015/01/31 ○1RTKO エドワーズ・ゲラシモフ(ラトビア)
2015/04/04 ○2RTKO ロナルド・ベルティ(ベルギー)
2015/06/26 ○1RTKO ザウルス・サディフス(ラトビア)
2015/11/28 ○2RTKO イバン・ペレイラ(メキシコ)
2016/01/21 ○2RTKO スタニスラス・サーモン(仏)
2016/03/17 ○9RTKO ヘクター・ムニョス(米)
2016/05/24 ○10RKO ホセ・エミリオ・ペレア(メキシコ)
2016/07/29 ○6R判定 3-0(60-54、60-54、60-54) シルベリオ・オルティス(メキシコ)
2016/10/20 ○8RKO ランセス・アガトン(メキシコ)
2017/04/15 ○1RKO アルフレド・チャベス(メキシコ)

■IBFインターナショナル/WBC米大陸ウェルター級王座決定戦
2017/06/15 ○10R判定 3-0(100-90、100-90、100-90) ホニー・ナバレテ(メキシコ)
※IBFインターナショナルウェルター級王座獲得(のちに返上)
※WBC米大陸ウェルター級王座獲得(のちに返上)

■WBOインターナショナルウェルター級王座決定戦
2017/12/16 ○10R判定 3-0(100-88、100-88、100-88) クリスティアン・ラファエル・コリア(亜)
※WBOインターナショナルウェルター級王座獲得

2018/03/31 ○1RKO ガボール・コバックス(ハンガリー)

■WBOインターナショナルウェルター級タイトルマッチ/IBFインターコンチネンタルウェルター級王座決定戦
2018/05/26 ○12R判定 3-0(120-108、120-108、120-108) スティーブン・ダンヨ(オランダ)
※WBOインターナショナルウェルター級王座防衛①(のちに返上)
※IBFインターコンチネンタルウェルター級王座獲得(のちに返上)

2019/03/29 ○6RTKO デマーカス・コーリー(米)

■WBOインターナショナル/NABA北米ウェルター級王座決定戦
2019/06/29 ○10R判定 3-0(97-93、99-91、98-91) ホアン・ペレス(ベネズエラ)
※WBOインターナショナルウェルター級王座獲得
※NABA北米ウェルター級王座獲得

■NABA北米ウェルター級タイトルマッチ
2020/01/28 ○8RKO ディエゴ・ラミレス(亜)
※NABA北米ウェルター級王座防衛①

■IBF世界ウェルター級暫定王座決定戦
2020/10/24 △12R判定 1-0(114-114、114-114、115-113) セルゲイ・リピネッツ(ロシア)
※IBF世界ウェルター級暫定王座挑戦

2021/12/11 ○10R判定 3-0(96-94、99-91、98-92) キャメロン・クラエル(米)
2022/05/14 ●2RKO ジャロン・エニス(米)

 

【補足情報】
・カナダ-ノバスコシア州ダートマス出身。
・カナダ-ケベック州モントリオールを拠点に活動。
・アマチュア時代にはカナダ国内の大会を6度制している。
・カナダ代表としてロンドン五輪出場。
・日本語表記ではクスティオ・クレイトンと表記されることもある。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-か-に戻る
索引-C-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました