ビリー・コステロ(Billy Costello)

ビリー・コステロ(Billy Costello)(米)

 

本名:ウィリアム・ドナルド・カスティリオーニ
生年月日:1956年4月10日
国籍:米
戦績:42戦40勝(23KO)2敗

 

【獲得タイトル】
1978年度ニューヨーク州ゴールデングローブライト級優勝(アマチュア)
第15代WBC世界スーパーライト級王座

 

【戦歴】
1979/08/22 ○4R判定 3-0(採点不明) エンジェル・オルティス(米)
1979/09/12 ○3RKO ホセ・ゴンザレス(米)
1979/10/12 ○4R判定 (採点不明) デイブ・ボルデン(米)
1979/10/19 ○2RTKO ジョン・ジョーンズ(米)
1979/10/26 ○4R判定 (採点不明) ジョージ・キャッシャー(米)
1979/12/05 ○1RTKO マービン・エドワーズ(米)
1980/02/13 ○6R判定 2-1(採点不明) カトー・アリ(米)
1980/04/16 ○3RTKO カトー・アリ(米)
1980/05/04 ○5RTKO リッチー・ガーランド(米)
1980/05/14 ○6R判定 (採点不明) リック・スティニー(米)
1980/09/17 ○1RKO ポール・ムーア(米)
1980/10/02 ○7RTKO ホセ・グリーン(米)
1980/10/24 ○8R判定 3-0(採点不明) オーランド・モンタルボ(プエルトリコ)
1981/01/21 ○2RKO チャールズ・トーマス(米)
1981/03/18 ○10R判定 3-0(採点不明) マービン・ジェンキンス(米)
1981/04/24 ○5RTKO トレバー・イブリン(米)
1981/07/18 ○8R判定 3-0(採点不明) ロセンド・ラミレス(米)
1981/12/05 ○1RTKO チコ・ロサ(プエルトリコ)
1982/02/17 ○6RTKO ラウル・エルナンデス(キューバ)
1982/04/14 ○10R判定 2-1(6-4、4-5、6-4) ボブ・ハーベイ(カナダ)
1982/05/23 ○3RTKO フェリックス・ファベラ(米)
1982/10/08 ○2RKO ドミニク・フォックス(英)
1982/11/07 ○10R判定 3-0(6-3、6-4、6-3) ウィリー・ロドリゲス(米)
1983/04/16 ○3RTKO カール・クローリー(米)
1983/09/30 ○5RTKO クレメンテ・ロハス(コロンビア)
1983/12/21 ○4RKO マイク・エセット(米)

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1984/01/29 ○10RTKO ブルース・カリー(米)
※WBC世界スーパーライト級王座獲得

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1984/07/15 ○12R判定 3-0(117-110、119-110、117-111) ロニー・シールズ(米)
※WBC世界スーパーライト級王座防衛①

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1984/11/03 ○12R判定 3-0(118-110、119-109、119-109) サウール・マンビー(米)
※WBC世界スーパーライト級王座防衛②

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1985/02/16 ○12R判定 3-0(119-109、116-111、118-111) リロイ・ヘイリー(米)
※WBC世界スーパーライト級王座防衛③

■WBC世界スーパーライト級タイトルマッチ
1985/08/21 ●8RTKO ロニー・スミス(米)
※WBC世界スーパーライト級王座陥落

1985/12/13 ○2RKO リック・カイザー(米)
1986/02/09 ●4RTKO アレクシス・アルゲリョ(ニカラグア)
1992/06/27 ○4RTKO マービン・ラドソン(米)
1993/06/18 ○8R判定 3-0(80-71、80-71、80-71) フアン・カルロス・ロメロ(米)
1993/11/11 ○6RTKO ベルナルド・ボイスバート(米)
1994/01/28 ○10R判定 (採点不明) ロバート・ハイタワー(米)
1994/09/13 ○6RKO ボビー・エルキンズ(米)
1995/04/28 ○10RTKO ジェフ・パッセロ(米)
1995/05/31 ○10R判定 3-0(98-92、99-90、97-92) ティム・スコット(米)
1997/01/22 ○3RTKO マービン・ラドソン(米)
1999/06/18 ○10R判定 2-1(95-96、96-94、97-95) フアン・ラポルテ(プエルトリコ)

 

【補足情報】
・米-ニューヨーク州キングストン出身。
・弟のマリオ・コステロ(米)もプロボクサー。
・高校時代にはメジャーリーガーを目指していた。
・引退後もトレーナーやレフリーを務めるなど、ボクシングに関わった。
・2011年6月29日、キングストンの病院で肺がんにより逝去。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-ひ-に戻る
索引-B-に戻る

 

 

ボクシング 選手名鑑 -戦績一覧- -戦歴一覧-

コメント

タイトルとURLをコピーしました