中島 浩(Hiroshi Nakajima)

中島 浩(Hiroshi Nakajima)(ワタナベ)

 

本名:不明
生年月日:1974年12月17日
国籍:日本
戦績:21戦16勝(3KO)4敗1分

 

【獲得タイトル】
1996年度全日本フライ級新人王
第13代日本ミニマム級王座
第7代OPBF東洋太平洋ミニマム級王座

 

【戦歴】
1995/11/28 ○1RKO 関 裕介(高崎)
1996/03/26 ○4R判定 3-0(40-37、40-37、40-36) 柳沢 真実(船橋ドラゴン)
1996/08/25 ○4R判定 3-0(40-39、40-37、40-37) 小塚 晋一(仙台)
1996/09/30 ○4R判定 3-0(40-37、40-36、40-36) 土門 潤(JBスポーツ)
1996/11/01 ○4R判定 3-0(39-37、40-38、40-37) 小宮 洋司(角海老宝石)

■1996年度東日本フライ級新人王決勝
1996/12/21 ○6R判定 3-0(59-57、58-57、60-57) 藤原 聖文(ライオンズ)

■1996年度全日本フライ級新人王決定戦
1997/02/15 ○6R判定 3-0(59-56、59-57、58-57) 黒田 保彦(宮崎)
※全日本新人王獲得

1997/08/05 ○6R判定 3-0(59-57、59-56、60-56) 玉城 正則(相模原ヨネクラ)
1997/12/02 ○8R判定 3-0(79-75、78-75、78-76) 平出 一浩(新日本タニカワ)
1998/03/23 ○8R判定 3-0(80-74、80-74、80-75) 加藤 和彦(京浜川崎)
1998/06/23 ○10R判定 3-0(100-92、100-96、100-96) ロイ・クラベ (比)

■日本ミニマム級タイトルマッチ
1998/09/05 ●10R判定 0-3(96-97、95-98、96-97) 星野 敬太郎(MI花形)
※日本ミニマム級王座挑戦

■日本ミニマム級王座決定戦
1999/01/26 ○10R判定 3-0(97-94、100-93、99-93) 松本 博志(小倉高橋)
※日本ミニマム級王座獲得(のちに返上)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級王座決定戦
1999/06/29 ○12R判定 2-1(117-114、 111-119、 117-114) カルメロ・カセレス(比)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座獲得

■OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
1999/12/07 ○12R判定 2-1(117-115、112-116、118-112) アラン・リャニータ (比)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座防衛①

2000/05/30 ●10R判定 0-3(94-99、94-96、94-96) 星野 敬太郎(MI花形)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
2000/10/10 ○9RTKO 安部 悟(松田)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座防衛②

2001/04/24 ○3RKO ワンチャイ・スリプラジャン(タイ)
2001/08/21 △10R判定 1-0(97-97、96-96、96-95) プナ・エミネント(タイ)

■OPBF東洋太平洋ミニマム級タイトルマッチ
2002/04/23 ●12R判定 0-2(115-117、114-118、115-115) キム・ジェウォン(韓)
※OPBF東洋太平洋ミニマム級王座陥落

2004/06/10 ●10R判定 0-3(95-98、94-96、96-97) 松井 拓(フォーラムS)

 

【補足情報】
・北海道帯広市出身。同じワタナベジムのウェルター級王者加山利治も帯広市出身、誕生日も同じ。
・中学校卒業後、板前になるため上京、17歳の時ワタナベジムに入門。
・アマチュアの戦績:6戦3勝(2KO/RSC)3敗
・BoxRecではデビュー戦で酒井 勇治(松田)と対戦したことになっているが、
 実際に対戦したのは関 裕介。
・日本タイトル獲得も「こんなものか。感動?別にない」といたってクールな性格。

 

※当ブログでは情報を求めています。
 誤った情報、追記すべき内容等ありましたら精査の上反映させていただきますので
 コメントいただけますと幸いです。

 

索引に戻る
索引-な-に戻る
索引-H-に戻る

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました